【58歳350日世界一周旅行】20190109トルコ、イスタンブール 。オベリスク

ブルーモスクの脇、スルタンアフメト公園に3本の柱がある。

この公園では、ローマ帝国時代には戦車のレースが行われた。

1つは、コンスタンチノス7世の柱という石の塔。これはブロックを積み上げたものでオベリスクとはいわない。

2つ目は、トトメス3世のオベリスク

このオベリスクは東ローマ帝国のテオドシウス1世(在位 379-395年)が建てたので「テオドシウスのオベリスク」とも呼ばれていますが、
元々は新王国時代第18王朝のトトメス3世(在位 紀元前 1504-1450年)が古代テーベ(現ルクソール)、カルナックのアメン大神殿の第7塔門の南に2本建てたもののうちの1本です。
それを奪ってここに持ってきたというから驚きです。

このオベリスクはコンスタンティノープルに建てられて以来、ずっと同じ場所に立っています。13世紀初め、第4次十字軍がコンスタンチノープルを攻め、文化的財産は破壊・強奪されました。
しかし、オベリスクは大きすぎて運び出せず無事に残りました。

トトメス3世のオベリスク世界のオベリスクサイトを参考にしました。

オベリスクの台座

3つ目は、蛇の柱

もとはギリシア、デルフォイのアポロン神殿にあったもので、オベリスクと同様、4世紀にテオドシウス帝が現在の場所に移した。
穴の中にあるように見えるが、柱の立っている底の部分が当時の地面の高さ。

投稿者プロフィール

yoshiko
yoshiko
2011年初めてのひとり旅が世界一周旅行。とりこになり58歳で2周目、1年間!
2018年7月8日から2019年6月30日まで世界一周旅行中
Youtubeでも発信中、チャンネル登録お願いします!
「よしこの世界一周大冒険」

詳しいプロフィールはこちら