【58歳350日世界一周旅行】20190206スペイン、バルセロナ。カサ・バトリョ

外壁は改装中で残念。

カサ・バトリョ – Wikipedia

カザ・バッリョーあるいはカザ・バッジョー)は、スペイン、バルセロナにあるアントニ・ガウディが手がけた建築物の1つ。2005年にユネスコの世界遺産に登録された。wikipediaより引用

チケットによるとこんな感じらしい

吹き抜けが光の滝になっている。
上のタイルは濃い青、
下のタイルは薄い水色になっている。

上の強い光があるたる所は濃い色のタイル、
下の弱い光があたるのは薄い色のタイルとなり、吹き抜け全体が同じ色に見えるようにとのガウディの工夫である。

ショップが充実している

柱は直線だ、窓も直線だという概念を取り払い、窓が曲線になっている。なんと独創的なんだろう。

投稿者プロフィール

yoshiko
yoshiko
2011年初めてのひとり旅が世界一周旅行。とりこになり58歳で2周目、1年間!
2018年7月8日から2019年6月30日まで世界一周旅行中
Youtubeでも発信中、チャンネル登録お願いします!
「よしこの世界一周大冒険」

詳しいプロフィールはこちら