【58歳350日世界一周旅行】20190328ペルー、プーノからアレキパへ移動の日

夜中に咳き込んで何度も目が覚めた。
たんの塊がでる。
休養が必要だわ。

607円の宿泊費のユースホステル に朝食が付いている。
なんか申し訳ない。パンと飲み物だけだけど。
コカ茶を選んだ。高山病というより風邪なんだけどね。

ユースホステル から徒歩20分、クルスデルソルの乗り場はバスターミナルとは違う場所にある。

ターミナル使用料1.5ソルを払い、搭乗券にシールを貼ってもらう。

ゲートを聞いて並ぶ。
10分前から乗車開始。
荷物チェック、体の周りを金属探知機でチェック、パスポートチェック、そして乗ってからはビデオで乗車した人の顔を撮っていた。これだけすれば安全だろう。

ペルーの高級バス、クルスデルソルは快適。
リクライニングしてゆっくり眠れる。

8:37 出発
スナックが配られた。ランチ?

ひどく咳き込む私を見てか、隣の席の女性は後ろに席を移動した。

車内はガラガラだぅた。

シートを倒し、毛布をかけてひたすら眠った。咳は体力を奪う。

プーノまで来れば、ボリビアは目の前なのに、
アレキパに向かう。

それからボリビア入りする。

チチカカ湖に別れを告げ

9:45 Juliaに寄って、
9:55 アレキパへ向け出発。

標高が下がってきて、草が生えているので放牧もできる

咳も止まってきたので、恐る恐る熱を測ってみた。37度2分
あれっ、38度ぐらいあるかと思ったらそうでもない。

15:00 40分遅れでアレキパ着

美しい山岳景観に囲まれたペルー第2の都市。白い火山岩で造られたコロニアルな街並みは白い町と呼ばれている。

標高もマチュピチュ並みに低い。

バスターミナル内のタクシーで、ユースホステル 「サンドラの家」へ向かう。

事前のやりとりで、ターミナル内のタクシーが安全だからと教えてもらった。
住所を紙に書いて、料金も15ソルと書いて渡した。ほんとに15で行くのねと確認したが多分通じてない。スペイン語しか通じないことが多い。数字だけでも早く覚えなきゃね

緑のご飯とチキンの写真を撮りわすれた。
ほうれん草とパクチーの炊き込みご飯、美味しかった。
サンドラの家は二食付き、嬉しい。

今日のお財布♡
長距離バス55ソル=約1830円
飲み物6
タクシー15
ユースホステル 35ソル
合計111ソル=約3700円◎☆
+アマゾンkindle1100円=4800円

投稿者プロフィール

yoshiko
yoshiko
2011年初めてのひとり旅が世界一周旅行。とりこになり58歳で2周目、1年間!
2018年7月8日から2019年6月30日まで世界一周旅行中
Youtubeでも発信中、チャンネル登録お願いします!
「よしこの世界一周大冒険」

詳しいプロフィールはこちら