【58歳350日世界一周旅行】20190617オーストラリア、フリーマントルからパースへ移動の日の日記

朝はユースホステル の無料ブレックファースト。悪名高きベジマイトを試してみた。口直しに隣にアプリコットジャムも塗って、いざ試食。
塩辛い、なぜこれをパンに?
もう二度と食べないだろう

ベジマイト – Wikipedia

マーマイト – Wikipedia

ベジマイトとマーマイト

ピーナツバター、滑らかなものとクリスピーなもの

8時半にチェックアウトした。

昨日、洗面具入れと下着入れを盗まれたので、それらを買うためにスーパーに行く予定。痛い出費だなぁと怒りつつ対策を考える。オーストラリアは治安がいいので洗面具や着替えはロッカーに入れずにベットの上においていた。ここに来てまさか盗まれるとは。バルセロナの時も6人部屋で一人利用の時にiPadのキーボードを盗まれた。
今回も4人部屋の一人利用の時だ。同室の人がいない時は注意だね。犯人は?
まぁ鍵をつけたロッカーに入れていないのが悪いと言われて仕舞えば確かにだが。

色々節約しても物を盗まれて買いなおしたらダメじゃん。凹むなぁ

が、しかしここで奇跡が!
チェックアウトの時、一応レセプションには言っておこうと思って伝えた。
私の荷物が盗まれた。
スタッフが持っていった?
たぶん
これかな?
それ私の!

何のことはない、忘れ物扱いで受付に置かれていた。良かった、言ってみて。諦めて黙って去らなくて良かった。

荷物をロッカーに預け出かけた。

そのあとは郵便局から友人へ贈り物を郵送した。フリーマントルマーケットで買ったナッツ詰め合わせ。
幼馴染といとこの2人が家を守ってくれているので安心して旅ができた。感謝。
送付状の書き方をお店の人に丁寧に教えてもらった。商品の代金と送料が同じぐらい。水戸から北九州に物を送る時もそうだったわ。

そして念願のロットネスト島へ。

フェリーを待つ間に現地ツアーの旅行会社に電話した。明日のピナクルツアーも参加できることになった。

ロットネスト島では念願のクオッカにも会え癒された。
青い空白い雲、エメラルドグリーンの海。これに勝るものはない。ほんと自然は素晴らしいと思う。心が満たされる。

ランチは砂浜の岩に座ってサンドイッチ。
フェリーに乗る前に買った。

フェリーでフリーマントルに戻り、ユースホステル に荷物を取りに行った。荷物を忘れてパースに行かなくて良かった。キャットバスは無料。すごいね。

元刑務所の前にあるオブジェ、ライトアップが怖いんですけど。

フリーマントルからパースまで列車で30分。
パースのユースホステル が線路脇でうるさくて眠れなかったので、ホテルをとった。Hotels.comを使うと10泊すると1泊分の無料券がもらえる。それを使ってホテルに3泊。
朝、前を通ってのぞいてこのホテルの朝食はすごいなと思ったホテルがちょうど安くでていたので予約した。ラッキー。

夕飯はパースのタガズキッチン。もう3回目。安くて美味しくて最高。今日は親子丼。具はネギしかないがお味噌汁が嬉しい。

「店内でお召し上がりですか?」
一瞬日本語が分からなかった。

オーストラリアで初のホテル泊。
なんか感激。

連日のツアー疲れも取れそう。

今日のお財布♡
郵送代77.75
フェリーと貸し自転車99=7400円
ランチ13.8
パースへの電車4.8
夕飯9.5
ホテル5500円+特典券
合計204.55=約15300円+5500円=20800円××

投稿者プロフィール

yoshiko
yoshiko
2011年初めてのひとり旅が世界一周旅行。とりこになり58歳で2周目、1年間!
2018年7月8日から2019年6月30日まで世界一周旅行中
Youtubeでも発信中、チャンネル登録お願いします!
「よしこの世界一周大冒険」

詳しいプロフィールはこちら