【58歳350日世界一周旅行】20181126アメリカ、ニューヨーク。ニューヨーク近代美術館、MoMA

ニューヨーク近代美術館 – Wikipedia

ニューヨークシティパスは、使えない。

5番街駅からすぐ、向かいはMoMAデザインストア

1.チケット購入
機械で買ってみた

日本語が選べる

2.エレベーターで5階へ
お宝ゴロゴロのギャラリーへ

1番人気はゴッホの月星夜
ぐるぐるが楽しい
星月夜 – Wikipedia

オリーブの木もある

MoMAの宝はピカソのアビニヨンの娘たちだろう。
これが後に起こる「キュビスム革命」の発端となった。wikipediaより引用

アビニヨンの娘たち – Wikipedia

マチィスのダンスも宝だろう

アンリ・マティス – Wikipedia

ピカソがいっぱい
ユーモラスなミュージシャンが好き

モネもある

目を引くのがこれ、
原田マハの楽園のキャンバスで更に有名になった、
ルソーの「夢」
何度見ても独特だ

夢 (アンリ・ルソーの絵) – Wikipedia

世界的に有名な絵がゴロゴロある。
宝だらけ。
大興奮!

原田マハのモダンに出てきた絵をメモしてきた。
アンドリュ ー ・ワイエス作 『クリスティ ーナの世界 』が見当たらない。

4階のインフォメーションの人に聞いてみた。

1つ上のここにありますよと壁を触る。
目の前のエスカレーターであがり見ると確かに五階のエスカレーター脇にあった。

これがクリスティーナの世界なんだ。
たしかに力強い。

エスカレーターを降りるとインフォメーションの男性と目があった。
ありました!と親指を立てアピール。
良かったねと頷いてくれた。
非言語のコミュニケーションが楽しい。

原田マハのモダンを読んでいったので、
美術館で働く人に親しみがわく。

4階から下は近代美術。

アンディ・ウォーホールもある
アンディ・ウォーホル – Wikipedia

中庭に出られないのが残念。

売店には草間彌生があった

ミュージアムショップの隣にはロビーがありケイタイを充電できた

外に出るとすぐそこにユニクロが見える

ユニクロがMoMAとのスポンサー契約を更新。入館料無料の支援とアート作品モチーフの商品拡充へ|MAGAZINE | 美術手帖

投稿者プロフィール

yoshiko
yoshiko
2011年初めてのひとり旅が世界一周旅行。とりこになり58歳で2周目、1年間!
2018年7月8日から2019年6月30日まで世界一周旅行中
Youtubeでも発信中、チャンネル登録お願いします!
「よしこの世界一周大冒険」

詳しいプロフィールはこちら