【58歳350日世界一周旅行】20190626オーストラリア、ダーウィンからシンガポールへの1日

3時に起きた。

i phonとiPadのアラームが枕元で鳴った。急いで止めて飛び起きた。
ロッカーに鍵はかけていない、夜中にスマホで照らし鍵の番号を合わせるのは老眼にはきつい。荷造りは既に済ませてある。
荷物を全部廊下に出した。明るい廊下で作業するために。

洗面を済ませ、着替えを済ませ、シーツを持ってレセプションへ。
鍵の保証金10ドルを受け取り、バーイ。

道路を渡りかけて気がついた。シーツ抱いてる。戻ってシーツボックスへ。

3:15にユースホステル を出ることができた。
“【58歳350日世界一周旅行】20190626オーストラリア、ダーウィンからシンガポールへの1日” の続きを読む

出版プロジェクト 「はじめに」

サボり気味の出版プロジェクト、
ダーウィン図書館に篭って「はじめに」「おわりに」を書き上げた。

はじめにに、世界一周旅行して分かった10のことを書いた。ここを読めばあとは読まなくてもいいかも(笑)

誤字脱字のチェック、言い回しのおかしいところ、こうした方がいいなどなど、発見や感想などフェイスブックのメッセージお待ちしています。

 

よしこの世界一周大冒険
世界一周して分かった10のこと

はじめに

1) 最初の世界一周旅行
初めての世界一周旅行は2011年11月。水戸で3.11を体験し死を身近に感じ、今死んだら何を後悔するかを考えて、世界一周堂さんに組んでもらった。アジア3ヶ国(ベトナム、カンボジア、インド)、イタリア4都市(ローマ、フィレンツェ、ベネチア、ミラノ)、ロンドン・ニューヨーク・オーストラリア・韓国の8ヶ国33日のプラン。全行程の飛行機代、ホテル代が含まれて100万円ちょっと。飛行機代は世界一周チケットだ。

33日の旅行から帰ってきて友達に聞かれた。「楽しかった?」返事ができなかった。楽しかったのかな?旅行じゃなく冒険だった。緊張して訳わかんないまま帰ってきた。世界一周チケットの有効期間は1年間。33日間は余りに短すぎるよ。定年までにお金を貯めて、自分でプランを組んで次は1年間行こうと決めた。

2) なぜ?
「普通の旅行じゃダメなんですか?1年も行かなくても」
「迷っているなら辞めた方がいいですよ」
2018年の5月、大阪で行われた勝間塾(経済評論家勝間和代のオンラインサロン)の月例会では、ビジネスプランの質問をしたかったのに、勝間さんや上念さんの質問に答えられなかった。

3月で、小学校の先生を辞め準備も進み帰国後の起業プランについて質問したのに、肝心の世界一周旅行の目的を答えられなかった。私は何のために世界一周旅行に行くの?

最初の世界一周旅行33日間で感じたことは、続けて他の国に行くと違いがよく分かるということ。私は何も変わっていないのに、カンボジアでは「この道路も日本の支援でできたんです」とありがたがられ、イタリアでは世話を焼いてもらい、イギリスでは困っていると主張すれば助けてもらえ、ニューヨークではジロジロ見られない代わりほったらかしで、もちろん差別をされた国もあった。何これ?国が変わるとこんなに色々変わるの?違いが面白い。続けて旅行することで感じることがある。世界一周旅行って面白い。

世界一周旅行の楽しさを伝えたい。じっくり世界を味わいたい。だから、世界一周旅行じゃなきゃダメ。58歳で1年間も世界一周旅行している人はなかなかいないだろう。新しいことに挑戦して、同年代の人にエールを送りたい。まだ58歳なんだよと。

3) 世界一周旅行をして分かったこと10のこと
1. 夢はかなう。
夢を具体的に細かく分解して、それぞれ準備することを具体的に考える。いつの日かは来ない。いつかを決める。やると決めてコツコツ準備をすれば夢はかなうことが分かった。
2. 何歳からでも挑戦はできる。
年齢を言い訳にしない。世界には元気なシニアがいっぱいいることが分かった。
3. 英語はコミュニケーション手段の1つである。
あいさつ大事、笑顔大事、嫌なことははっきり伝える。身振り、手振り、筆談、スマホの翻訳アプリで大抵のことはなんとかなる。英語ができないから旅行に行けないは言い訳。
4. 世界には物価の高い国、低い国がある。
長く旅して身にしみたその違い。また、五つ星ホテルやユースホステルに泊まってみて、高い訳安い訳が分かった。それぞれの良さも分かった。
5. 青空最強
ヨーロッパの冬を過ごしてみて知った青空のありがたさ。天気が心身ともに影響することが分かった。
6バカンス命
世界にはバカンスのために働いている人が大勢いることが分かった。
7.短く働く。
3時から始まる帰宅ラッシュや夕方の公園にいるパパ達をみて、残業のない世界があることが分かった。みんながバカンスを1ヶ月とってもまわる国があることを実感できた。日本と違うでなく、日本が違う。

8.日本人は、なめられている。

世界に溢れるパワフルな中国人や英語の上手な韓国人をみて、日本人がなぜスリに狙われるかが分かった。

9.旅行の荷物は少ない方が楽。

リュック1つで1年間旅行できることが分かった。

10.人生は可能性と光に満ちている。
行きたい国がどんどん増える。やりたいことがどんどん増える。世界には素敵なマダムがいっぱいいることが分かった。

本書は、はじめにで【58歳355日世界一周旅行】にでた訳と、その旅から得たこと感じたこと分かったことを、1.からは順に訪れた国での出来事を紹介している。最初の国から読み始めて一緒に世界一周旅行をしているわくわくを味わっても良いですし 、自分が興味がある国から読んでも大丈夫です。
世界一周旅行のビジネスチケットとヒルトンホテルのゴールド会員証を手に、黒いショートヘアで出発した私が、58歳でまさかのバックパッカーデビューをしグレイのロングヘアーで少し痩せて帰ってくるまでに何があったのか、読みながらぜひ一緒に旅をしてください。

【58歳350日世界一周旅行】20190625オーストラリア、ダーウィン最後の日

朝食はユースホステル で残りのシリアルとサラダを食べた。

このユースホステル はプールサイドで爆音が11時過ぎまでなっている。人の声だけなら眠れるがこの音楽の爆音では眠れない。
うー、寝不足
“【58歳350日世界一周旅行】20190625オーストラリア、ダーウィン最後の日” の続きを読む

7月の旅のお話会のお知らせ

6月末で旅が終わります。
帰ったら話聞かせてね、はい!

7月7日(日)第1回旅のお話会モンゴル・ウズベキスタン編in北九州市の門司港、グリシュンカフェ
7月14日(日)第2回旅のお話会南米編in北九州市の小倉、アソビカイギ
7月18日(木)講演会in水戸市の国際交流センター
7月21日(日)講演会in東京の五反田クスクス
7月27日(土)ミニ旅のお話会in北九州市の小倉、わいわいカフェ
7月28日(日)講演会in福岡市、ベイシズ福岡

詳しいことや申し込み方法は以下に。
フェイスブックやってないよ。
申し込みはどうする?という人向けに、
7月初旬にこのブログに問い合わせ先を作ります。待っててね。
“7月の旅のお話会のお知らせ” の続きを読む

【58歳350日世界一周旅行】20190624オーストラリア、ダーウィン。ツアー最終日の日記

朝の話題は昨夜のラグビー。
BigGameだったとか、勝った負けたの大騒ぎ。
ツアーのみんなが、打ち解けて親しくなってまとまってくる。
和やかな雰囲気がいいね
リーダーやお調子者、世話焼きさん、みんなのお母さんなどキャラが立ってくる。
私はどんな風に見えているんだろう。

ホテルの朝食ビュッフェ
“【58歳350日世界一周旅行】20190624オーストラリア、ダーウィン。ツアー最終日の日記” の続きを読む

【58歳350日世界一周旅行】20190624オーストラリア、ダーウィン。カカドゥとキャサリン渓谷ツアー3日目

●3日目(キャサリンからダーウィンへ)

1.キャサリン渓谷クルーズ
9:00-11:00
ここもカカドゥ国立公園

2時間のクルーズを楽しんだ。
オーストラリアは面白い!
“【58歳350日世界一周旅行】20190624オーストラリア、ダーウィン。カカドゥとキャサリン渓谷ツアー3日目” の続きを読む

【58歳350日世界一周旅行】20190623オーストラリア、ダーウィン。クロコダイルな1日

朝ごはんはビュッフェ。
一人で食べていたら、ここいい?と昨日助けてくれたご夫妻。
世界の朝ごはんの話や、オーストラリアのコーヒーの種類の多さの話をしているうちに、あららもう時間だ。

“【58歳350日世界一周旅行】20190623オーストラリア、ダーウィン。クロコダイルな1日” の続きを読む

【58歳350日世界一周旅行】20190623オーストラリア、ダーウィン。カカドゥからキャサリンへ

2泊3日カカドゥとキャサリン渓谷ツアー
2日目

アボリジニ – Wikipedia

8:00ホテルを出発

1.ノーランジー・ロック (アボリジニーの壁画)

雨季にはシェルター下で暮らしたという

2.ワラジャン・アボリジナル文化センター (カカドゥに住むアボリジニーの文化の展示など)

館内は撮影禁止

ショップ脇のトイレの表示が面白い

3.イエロー・ウォーター・ビラボン・クルーズ (クロコダイルやカラフルな野鳥探し)
11:30から30-45分

4.ランチはビュッフェ

5.エディス・フォール (滝壺で水遊びなど)

水着に着替えいざ滝へ。
足だけつけて1分で上がった。冷たい!
天然のプールは冷たいよ。

6.キャサリンの町(北部準州で3番めに大きな町。”アウトバックがトロピカルに出会う場所”とも言われている)

宿泊:キャサリン・ホテル(アイビス・スタイルズ・キャサリン)

【58歳350日世界一周旅行】20190623オーストラリア、ダーウィン。2泊3日カカドゥ国立公園ツアー1日目

2泊3日ホテル付 カカドゥとキャサリン渓谷 (乾季5-10月)ツアー

カカドゥ国立公園 – Wikipedia

7:30ダーウィン市内出発

8:45ジャンピングクロコダイル着
9:00クルーズ出発

10:10無事生還

10:30ホテルに向けて出発

車内では、カカドゥ国立公園やアボリジニ文化についての説明があった。

ずーっとこんな風景

川を越えて

こんな風景もあり

世界遺産のカカドゥ国立公園はオーストラリアで1番広い。
スイスの半分の面積らしい。
日本人的には四国と同じ大きさの方が分かりやすいね。

11:30ボワリ・ビジターセンター

12:30今夜泊まるホテルにチェックインして、
13:00-14:00ランチ。含まれている
14:50バスで洞窟へ

16:00洞窟に着いたよ。
大きな国立公園だから移動が長い。

ウビルー (アボリジニーの壁画)

18:10ホテルに戻る
18:45ディナー要予約別料金

カカドゥ国立公園と滝の2泊3日の
ツアー料金、一人で一部屋使用
グレード1番安いもの
1063ドル=約79000円が満員だったので、
ツアーを変更した。

2泊3日ホテル付 カカドゥとキャサリン渓谷 (乾季5-10月)
ツアー料金、一人で一部屋使用
1248ドル=約92800円

Mercure Kakadu Crocodile Hotel
361ドル=約26850円