【58歳350日世界一周旅行】20190217スペイン、バルセロナからグラナダへ移動の日

朝食は、ユースホステル でりんごと紅茶。
アラームより10分早く目が覚め起きた。

急げば予定より1本前、30分前の空港行きの列車に乗れるなぁと思いつつ、これぐらいの余裕が必要よねとゆっくり紅茶を飲む。プラスチックのおわんで。

空港でホッと一息、朝食再び。
野菜が美味しい。

空港でカフェを選ぶ基準は、
電源があるか。Wi-Fiは空港なら大抵あるから。
“【58歳350日世界一周旅行】20190217スペイン、バルセロナからグラナダへ移動の日” の続きを読む

グラナダ空港からパラドール・デ・グラナダへの行き方

グラナダ空港からパラドールグラナダへバスと徒歩で行った。
もちろんタクシーが1番楽ちん。

空港に着いたらバス乗り場へ
心配ならインフォメーションで聞いてからでも。カウンターに人がいなかったので私は奥の机に座っている人に大きな声で話しかけた。

オラ!
I want to go to パラドールグラナダ by bus.

Bus is Go out,right.
3 € in a bus.

グラシヤス!

グラナダ行きのバスへ乗る

チケットはバスの中で運転手から買う。
3ユーロ、現金のみ。

どんどん乗ってきて大きなバスが満席になった。乗りきれない人は補助席に。飛行機の到着に合わせてバスが出る。

35分ぐらい乗るとグラナダの街中に入る。
カテドロルで降りると 広場が近い。

そこから循環バスか徒歩でホテルへ向かう。

私は広場でランチして、
王室礼拝堂とグラナダ大聖堂を見てから、
循環バスでホテルに向かった。

【58歳350日世界一周旅行】20190217スペイン、バルセロナ空港へ1ユーロで行く方法

バルセロナ空港へ行く方法は3つある。
タクシー、空港パス、列車。

地下鉄の10枚回数券が余っているので列車にした。
1ユーロで空港まで行けるってすごくない?

安い分注意がいる。列車が30分に1本しかない。かなり早めに出るといい。

私は余裕を持って改札口に向かったらまさかの列車遅れ。前の空港行きの列車がまだ来ていない。7:30が、7:44って!
結局、ホームを出たのは7:49。19分の遅れだ。

早めに動いてよかった。

空港バスは10分か15分おきに出る。
カタルーニャ広場やスペイン広場からでる。
こっちの方が心臓には良いかも。

renfeサンツ駅の3つ先が空港駅。R2N線
日曜の朝の空港行きの列車は満席。
列車の中からみるサンライズ。

8:13空港駅着

人の流れに乗って歩く

ウエブチェックイン済み、
預け荷物なしなので直接荷物検査へ。

スマホに搭乗券を表示させ、ぴっと読ませようとすると係員が止めた。
You are T1,hear is T2

えっ!
下からシャトルバスが出ているからそれに乗って。

ここはT2なんだ!?
来た道を戻ると確かにT2と書いてはいる。
だからターミナルに入ってから、直進する人と左に行く人がいたのね。

シャトルバスの表示を見ながら進む

床にも案内がある。これは分かりやすい。

外に出ると右にシャトルバス乗り場がある。

あと何分でシャトルバスがくるかも表示される。

来た来た

シャトルバスは、T2-Cを通り、T1へ。

結構乗る、5分ぐらい。
やはり余裕が必要だ。

ターミナル1は大きい。

バルセロナ市内から空港に1ユーロで行く方法でした。くれぐれも時間に余裕を持ってね。

【58歳350日世界一周旅行】20191216スペイン、バルセロナ最後の日

朝起きたら部屋に人が増えていた。
6人部屋に5人。賑やかだ。みな昼まで寝てて帰りは遅く、顔を合わすことはあまりない。

朝食はいちごと紅茶。

そして、チョコレートチュロス再び。
チョコレート専門店へ食べに行った。

ヨーロッパの路地が好き

お客さんが少ない、嫌な予感。
チョコレートはコクがあって美味しかった。
チュロスはいまいち。揚げたてでアツアツだが。

チュロスの美味しいお店探しは次回のお楽しみ。パエリアの美味しいお店探しも次回のお楽しみ。やり残したことが、いっぱいある。

グーグルマップを見ながら今日もガウディ建築巡り。学院とお城を見た後にケータイの充電が切れた。さて充電しようと探したらなんとユースホステル のキッチンのコンセントに挿したまま忘れてきた。うわぁ、帰れない。
今から入るのに写真も撮れない。

カバンにiPadがあるのを思い出した。大学の図書館でブログを更新しようと朝から持っていた。写真取れるじゃん。
グーグルマップも見れるが、Wi-Fi対応型なのでWi-Fiがないとネットが使えない。

インフォメーションの人にカタルーニャ広場に戻るにはどうすればいいですか?と聞き地図をもらった。うわぁ帰れるだろうか。

グーグルマップがないと、ネットがないと生きていけないわ。オロオロ。

なんとかバス停にたどり着き、バスに乗る。どこを走っているのかはiPadでわかる。
マダーム、なんたらかんたら、、、バスの運転手さんが言っている。
終点ってことかな?
シィ、グラシアス!

さて地下鉄の駅はどこ?
キョロキョロ。
いかにいつもグーグルマップに頼って周りを見てないか。
キョロキョロ。あった!人の流れの遠くに地下鉄マーク発見。

路線図を見て考える。
終点がカタルーニャだからとりあえず終点まで行ってみよう。

なんとかユースホステル まで帰り着いた。大冒険。さすがに15日もいると街の中心の道は分かるようになってきた。ほっ。

近くのRomesco食堂でランチ。
もう5回目
馴染みのおじさんとはアイコンタクトで通じる。その席に座ってと目で合図。
元気?まだいたの?とかなんとかスペイン語で話しかけてくれたんだろうが分からない。そっかスペイン語分からないんだよね。という感じで向こうに行った。

あー、スペイン語、喋れるようになりたい。

食堂の入り口に今日のメニューがあるので入る前にその中から決めていた。ツナはマグロのことだよね。

グリルドツナ、プリーズ。
他のおじさんに注文したので、サラダに変えてもらえず水もパンもなし。土曜で忙しそうだしまっいいか。

にんにくがいっぱいのっていた。9ユーロ。安い

やり残したことは何かなぁ
バルセロナ名物のスイーツを食べてない。
調べて買いに行った。

アーモンドの粉を固めたお菓子、トゥロン。
専門店がある。

ランチを食べたのは3時すぎだし、トゥロンも食べたし夕飯はパス。

明日は早起きで空港へ。グラナダ楽しみ!

今日のお財布♡
チョコレートチュロス4.65+0.35=5
入場料7.2
ランチ9
お菓子12.86
ユースホステル 20
合計54ユーロ=約6800円◎

【58歳350日世界一周旅行】20190216スペイン、バルセロナ。ガウディ建築巡り、2種類の街灯

ガウディの街灯はランプラス通りから近いレイアル広場のは有名だが、少し離れたパラウ地区の街灯もある。

ガウディを訪ねて、ルート案内書より引用

1878年、バルセロナ市はガウディにバルセロナ市全域のガス灯設置計画を委託しました。この時期、ガウディの初期の仕事の殆どは都市再開発事業に関係しており、バルセロナ旧市街地にあった城壁が1854年に取り払われた後に市は中世の古い町並みを近代的な街並みに改造する計画を進めていました。
ガウディは二種類のガス灯を製作しました。一つは、三本腕のもの、もう一つは六本腕のものでした。

レイアル広場は六本腕

パウル地区のガス灯は三本腕

【58歳350日世界一周旅行】20190215スペイン、バルセロナ。ガウディ建築巡りの1日

朝はりんごと紅茶。
チョコレート専門店へチュロスを食べに行った、朝から。

観光客の多いお店、美味しくなかった。残念。隣に座った日本人女性?食べるの途中でやめて支払って帰った。わかる。私は完食したけど。昔は美味しかったんだろうね。ガイドブックに載って観光客が来るようになったら味が落ちたのかな?接客も悪かった。

図書館に入りたかったが公立図書館ではないといわれ入れず残念。

グエル別邸へ。
閉まっていた。残念。

世界遺産のカサ・ビセンスへ。
日本の方に撮ってもらった。

日本人観光客が日増しに増えている。卒業旅行シーズン真っ盛りだね。

ランチは日本食。
煮物に感激。

バルセロナで15年お店をやってるとか、すごいなぁ。地元の常連客もいてまさに街の食堂。

夕飯は軽く。スーパーで買った果物を。

マドリードの宿をやっと予約。
この宿の失敗を活かして、口コミを良く読んだ。日曜のグラナダ行きの飛行機もチェックインした。
バルセロナも明日で終わり。
堪能したわ。

さぁ寝ようかと思った頃、2人入室。
慌てた。
すっかり自分の部屋化していたから。
机の上に広げたものを片付け、洗面所を片付けあたふたと。
スペイン語しか話せない2人とスペイン語がわからない私。身振り手振りでコミュニケーションをとる。

寒くない?暖房は?と言ってるお姉さんは半袖のティシャツ姿。思わず腕を指差し突っ込んだ(笑)もう1人のお姉さんはドア開けてトイレしてるし、豪快すぎる。お互いの言葉でお互いが主張すればなんとかなる?スペイン語にたまに英語のような単語がある。それを拾って推測する。外国に暮らすと4倍頭を使って疲れると聞いたが確かに疲れる。10時前に寝て起きるの8時だから毎日10時間も寝ているわ。

今日のお財布♡
チョコとチュロス4.7
カサ・ビセンス入場料12
ランチ10.5
スーパー11.66
honto電子書籍3冊3701円
ユースホステル 20
合計60ユーロ=約7500円+3700円=11200円×

【58歳350日世界一周旅行】20190214スペイン、バルセロナ。ダリな1日

朝食は観光地の真ん中にあるが施設がかなり古いユースホステル にて、昨夜の残りを。
レンジで温めていたら、掃除のお兄さんがいい匂いだねーと声をかけてくれた。ジャパニーズソイソースと話は弾む。
“【58歳350日世界一周旅行】20190214スペイン、バルセロナ。ダリな1日” の続きを読む

【58歳350日世界一周旅行】2090214スペイン、フィゲラス。ダリ劇場美術館

サルバドール・ダリ – Wikipedia

以下wikipediaより引用

スペイン・フィゲーラス出身の画家。シュルレアリスムの代表的な作家。「天才」と自称して憚らず、数々の奇行や逸話が知られている。

建物からして個性的

作品も絵あり彫刻あり、
写真あり、インタビュー映像あり。

彼自身が作品になっている。
かったポストカードはダリの写真のもの
“【58歳350日世界一周旅行】2090214スペイン、フィゲラス。ダリ劇場美術館” の続きを読む

【58歳350日世界一周旅行】20190214スペイン、バルセロナのバレンタインデー

スペインともフランスともちょっと違うカタルーニャ。ここでは、恋人に贈り物をする習慣はヴァレンタインデーではなく、4月のサン・ジョルディの日だという。

カタルーニャでは「サン・ジョルディの日」にバラと本を贈りあう。

サン・ジョルディの日 – Wikipedia

だからバレンタインの飾りが少ないのね。
街で見かけた、バレンタインデーの飾り
“【58歳350日世界一周旅行】20190214スペイン、バルセロナのバレンタインデー” の続きを読む