【58歳350日世界一周旅行】20190215スペイン、バルセロナ。ガウディ建築巡りの1日

朝はりんごと紅茶。
チョコレート専門店へチュロスを食べに行った、朝から。

観光客の多いお店、美味しくなかった。残念。隣に座った日本人女性?食べるの途中でやめて支払って帰った。わかる。私は完食したけど。昔は美味しかったんだろうね。ガイドブックに載って観光客が来るようになったら味が落ちたのかな?接客も悪かった。

図書館に入りたかったが公立図書館ではないといわれ入れず残念。

グエル別邸へ。
閉まっていた。残念。

世界遺産のカサ・ビセンスへ。
日本の方に撮ってもらった。

日本人観光客が日増しに増えている。卒業旅行シーズン真っ盛りだね。

ランチは日本食。
煮物に感激。

バルセロナで15年お店をやってるとか、すごいなぁ。地元の常連客もいてまさに街の食堂。

夕飯は軽く。スーパーで買った果物を。

マドリードの宿をやっと予約。
この宿の失敗を活かして、口コミを良く読んだ。日曜のグラナダ行きの飛行機もチェックインした。
バルセロナも明日で終わり。
堪能したわ。

今日のお財布♡
チョコとチュロス4.7
カサ・ビセンス入場料12
ランチ10.5
スーパー11.66
honto電子書籍3冊3701円
ユースホステル 20
合計60ユーロ=約7500円+3700円=11200円×

【58歳350日世界一周旅行】20190214スペイン、バルセロナ。ダリな1日

朝食は観光地の真ん中にあるが施設がかなり古いユースホステル にて、昨夜の残りを。
レンジで温めていたら、掃除のお兄さんがいい匂いだねーと声をかけてくれた。ジャパニーズソイソースと話は弾む。
“【58歳350日世界一周旅行】20190214スペイン、バルセロナ。ダリな1日” の続きを読む

【58歳350日世界一周旅行】2090214スペイン、フィゲラス。ダリ劇場美術館

サルバドール・ダリ – Wikipedia

以下wikipediaより引用

スペイン・フィゲーラス出身の画家。シュルレアリスムの代表的な作家。「天才」と自称して憚らず、数々の奇行や逸話が知られている。

建物からして個性的

作品も絵あり彫刻あり、
写真あり、インタビュー映像あり。

彼自身が作品になっている。
かったポストカードはダリの写真のもの
“【58歳350日世界一周旅行】2090214スペイン、フィゲラス。ダリ劇場美術館” の続きを読む

【58歳350日世界一周旅行】20190214スペイン、バルセロナのバレンタインデー

スペインともフランスともちょっと違うカタルーニャ。ここでは、恋人に贈り物をする習慣はヴァレンタインデーではなく、4月のサン・ジョルディの日だという。

カタルーニャでは「サン・ジョルディの日」にバラと本を贈りあう。

サン・ジョルディの日 – Wikipedia

だからバレンタインの飾りが少ないのね。
街で見かけた、バレンタインデーの飾り
“【58歳350日世界一周旅行】20190214スペイン、バルセロナのバレンタインデー” の続きを読む

【58歳350日世界一周旅行】20190212スペイン、バルセロナ。映画COLD WAR

カテドラルの近くの小さな映画館。
道を間違えてたまたま見つけた。ラッキー。

スペイン語かなぁと思っていたら、
ヨーロッパシネマの文字が。うわぁ英語だわ。

週によって値段がちがう。
水曜日が1番安い。ラッキー。

今日中にもう一つ映画を見ることができるらしい、なんて素敵なチケット。

残念なことに英語ではない。
作られた国のそのままが流れ、字幕がカタラン語。ポーリッシュってポーランド語だわね。

4.5ユーロ=約560円だし。
It’s OK,I will try!

あらすじはネットで予習済み。

スペイン語は英語に近い言葉もあれば

全然違う言葉もある

ポスターには15:45とあり、
チケットには15:50とあり、
チケット売り場の人が会場に入ったのが15:50、開場は15:52
エンドロールが流れているのは何?
前の映画のエンドロールが流れる中、次の映画のお客さんを入れるのね。

映画が始まったのが15:55
白黒の美しさ、
ポーランドの民族音楽の美しさ。
音楽の切なさ、
男と女のことは世界共通。
言葉がわからなくても喧嘩しているのか愛し合っているのかは分かる。
いい映画は何語で見ても良いわ。

これは日本語で流れ、字幕がスペイン語なんだろうね。

?の文章の頭にも?のひっくり返ったのがつく。
カタルーニャの言葉、カタラン語?

昨夜ホテルで見たテレビではドラえもんをスペイン語でやっていた。ジャイアンがスペイン語を喋るとイケメンに見えてくるのが不思議だっあ。

隣は、カメハメショップ

【58歳350日世界一周旅行】20190212スペイン、バルセロナ。La Plassohlaのホテルランチお勧め

コインランドリーで話した大学生お勧め、
ネットでも評判良い五つ星ホテルのレストランのお得なランチ。

土曜日に行ってしまい、ランチはありませんと言われ出てきたことがある。

再びトライ。

入り口でランチ19.5、月曜から金曜としっかり確認してから入った。

明るい店内、お店の人も感じ良い。

ランチメニューはカタルーニャ語、スペイン語、英語で書かれている。

前菜、メイン、デザートから1つずつ選ぶ。

前菜はサーモンとマンゴーのタルタル

お皿を下げる時にどうでしたか?と聞かれたので素晴らしいですと伝えた。
生のサーモンと完熟マンゴーが素晴らしい味になっていた。感激。

メインはお魚

美しく美味しい。ランチでこんな本格的なお料理をいただけるとは嬉しい。

デザートは森のなんとか、、、
お店の人にこのデザーはなんですかと聞くとチョコレートケーキですって言ってたが。

まわりのカシスのソースが美味しかった。
白いドームもチョコアイスもひと味違う。

飲み物は水を頼んだら、19.5ユーロだったので水は含まれているのね。

これで19.5ユーロ=約2500円は素晴らしい。
このホテルの2階のレストランはミシュランの一つ星らしい。

身も心も大満足のランチでした!

住所 Via Laietana, 49, 08003 Barcelona, Spain

営業時間 12:00から夜中まで
ランチは月曜から金曜までの12:00から

【58歳350日世界一周旅行】20190213スペイン、バルセロナ。グエル公園無料再び

せっかくサグラダ・ファミリアの近くに泊まったので、近くのグエル公園にも行きたい。もちろん8時半までに入って無料で楽しむ。

泊まっていたユースホステル が8時半から朝食ということもあり、すっかりリズムが朝遅いモード。

8時に到着予定が、
バスだと8:34到着予定。
うわっやばい。
バスだと急がせるわけにはいかないが、
徒歩35分は走れば25分以内でつくかも。

走った、スロージョギング?坂道が続く。
公園が近づくと後ろからカップルがダッシュしてきた。間に合う?一緒に必死に走った。

チケット確認のお兄さんが笑っている。
8:29!
トゥエンティナイン!セーフ!汗かいて座り込む。朝から大笑い。

朝日が海から上がる瞬間の写真は今回も撮れず。

お客さんが増えている。特に日本の大学生。卒業旅行に人気なんだろう。美しいものにいっぱい触れてほしい。常識にとらわれず新しい挑戦をした先人の思いに触れてほしいな。