【58歳350日世界一周旅行】20181120アメリカ、ニューヨーク。ファンタスティック ビースト2

ニューヨーク市内には約80の映画館があります。大型のシネコンからアート館、ビルの一室を使った特殊な上映館まで種類もさまざま。

料金は映画館によって異なり、AMCなら大人$14.99、子どもとシニアは$11.99。IMAXは$5ドル加算。

午前中なら年齢に関係なく一律$8.49のお得な料金になる。

さっそく行ってきた。
“【58歳350日世界一周旅行】20181120アメリカ、ニューヨーク。ファンタスティック ビースト2” の続きを読む

【58歳350日世界一周旅行】20181019イギリス、湖水地方、映画「ファーストマン」を観た

アンプルサイドの街歩きをした、ぶらぶらと。
ランチを食べたイタリアンの隣は映画館

入ると今日のタイムテーブルが貼ってある。
どれどれ、よく分からないなぁ

今からすぐ見られるのは「ファーストマン」
1日に3回もやるということは話題作だな多分

ファーストマン

スマホでググった
初めて月に降り立ったアームストロング船長の伝記が元になっている。

内容は分かりそう。
二階のバーに行ってチケットを買う。

20分前だけどはいっていいですか?
好きな時に入ってね

入ってびっくり椅子がこっちを向いている。
お客さんはスクリーンの横から入るということ。

貸切。
ギリギリでカップル2組がスクリーンの横から入ってきた、意外と気にならない。

アポロが月に行った時は日本でも大騒ぎだった。
小学生だったのでリアルタイムで見た。

高度成長の時代で、社会全体に活気があった。
人が月に行く時代だから何が起こってもおかしくないと大人達は言っていた。

映画では輝かしいところだけでなく、人間としての苦悩が描かれていた。
家族はたまらないよね、帰ってくる保証もなく世論では無駄金使いと批判される。

また、月面に星条旗を立てるシーンが存在しないことが物議をかもしたとか。

アナログな時代によく月まで行ったよ。
通信手段や生活様式が遠い昔のよう。
この50年の世の中の変化に今更ながら驚く。

ファーストマン予告動画

映画を見るとその街に暮らしている気分になる。
小さな街に映画館が3軒あるって凄い。

【58歳350日世界一周旅行】20180902スウェーデン、ストックホルムでマンマミーア

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー – Wikipedia

映画が好き。
世界一周旅行で心配したのが、映画が見られないこと。いや、見ればいいんだよ、外国で。

モンゴルではモンゴル語でアニメを見た。
ウズベキスタンでは、ロシア語でミッションインポッシブルを見た。
イタリアでは、フランス語で を見た。
スウェーデンでは、英語でマンマミーアヒァウイゴーを見た。字幕はスウェーデン語だった。
“【58歳350日世界一周旅行】20180902スウェーデン、ストックホルムでマンマミーア” の続きを読む

【世界一周2018】世界の映画館、モンゴルのウランバートル

エンターテイメントと書いてあるビル、
映画らしい宣伝がある。
ひょっとして映画館かも。
味千ラーメンの前にも宣伝がある。

総合案内っぽいものがある。
そこの人に聞いてみた。

「Can l see the movie?」

「3rd floor」

おおっ3階にあるのね、映画館が。
“【世界一周2018】世界の映画館、モンゴルのウランバートル” の続きを読む

【映画】オー、ルーシー!



雨の中、KBCシネマにて。

映画『オー・ルーシー!』公式サイト

寺島しのぶ、南果歩が圧巻の演技。

途中までどちらがどっちの役を演じてもいけるんじゃない?と思ったが、
後半の暴走するところはやはり寺島しのぶだなぁ。

熟女の哀しさ。

ポスターやチラシ、加えている黄色い球は?
ピンポン玉。英会話スクールあるある?
ないだろっ

でも、英語脳になったらキャラが変わるのは
分かるなぁ。
私も英語で話す時の方が、テンション高いし、言い切って論理的に話せる気がする。
ボキャブラリーが少ないせいもあるけど。

“【映画】オー、ルーシー!” の続きを読む

【映画】万引き家族

今日から公開。
シネプレックス小倉にて。

切なくて、ほろっときて、悲しくて、
涙が止まらなかった。
産んだからといって、母になるわけじゃない、
血がつながっているからといって、家族になるわけじゃない。

愛されるって大事。

いい映画でした。
おすすめ!

親や子どもの育ちに関わっている人は必見!

“【映画】万引き家族” の続きを読む