【58歳350日世界一周旅行】アメリカ、ニューヨーク。フリックコレクション

世界に30数点しかないフェルメールの絵画を3点所蔵していることでも知られている。

豪華な邸宅も見もの。

実業家のヘンリー・フリックの個人的なコレクションを、彼の邸宅だった館で展示している。小規模だがヨハネス・フェルメールの作品を3つ所蔵するなど非常に充実した美術館で、絵画だけでなく彫刻・家具・陶磁器なども所蔵している。wikipediaより引用

フリック・コレクション – Wikipedia

“【58歳350日世界一周旅行】アメリカ、ニューヨーク。フリックコレクション” の続きを読む

【58歳350日世界一周旅行】20181130アメリカ、ニューヨーク。ノイエギャラリー

クリムトの黄金のアデールがあるギャラリー

Home | Neue Galerie NY

アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I – Wikipedia

「黄金のアデール」という映画を見て決めた。
ニューヨークにこの絵を見に行こうと。
夢が叶った。
映画『黄金のアデーレ 名画の帰還』公式サイト(日本版)
“【58歳350日世界一周旅行】20181130アメリカ、ニューヨーク。ノイエギャラリー” の続きを読む

【58歳350日世界一周旅行】20181129アメリカ。ニューアーク博物館

ニューヨークの隣、ニュージャージー州のニューアーク博物館に行った。

入場料15ドル

着物を着ている私を見て係の人が、
誰か知り合いがいますか?と聞くので、
着物のイベントをフェイスブックで見ましたと伝えた。

Refashiondって、着物を使った新たな服ということ。
着物ドレスや着物からインスピレーションを受けた服が展示してある。
撮影禁止。

フェイスブックのイベントページに載っていたのは、帯のスカート。帯をリメイクしてスカートにしていた。

川久保玲などの作品もあった。

京都の からの作品が多かった。

ショップでも着物や日本に関するものが売っていた。
和柄のネクタイが斬新で面白かった。

展示を見ている人は私の着物を見て驚いていた。展示品が動いてる?
係の人にも喜んでもらえて3人から声をかけられた。
Hello,look nice!

着物で文化交流。

3階は自然博物館。

1階は、アメリカの風俗や絵画

帰ろうかと思ったら奥にまだまだある。

ニューアークのビール醸造所を経営していた人の家を保存していた。8つの部屋がある。
今はクリスマスの食卓を再現。

シルバーコレクションも素晴らしい

なかなか充実した地方博物館だった。

【58歳350日世界一周旅行】20181128アメリカ、ニューヨーク。着物の1日の日記

夜更かししたのに6時前には目が覚めた。

朝食は昨日買ったイタリアンのフォカッチャ
岩塩が振りかけてある。
オリーブオイルがないので、
パラペーニョいりクリームチーズをぬって食べた。辛さにもだいぶ慣れてきた。
“【58歳350日世界一周旅行】20181128アメリカ、ニューヨーク。着物の1日の日記” の続きを読む

【58歳350日世界一周旅行】20181129アメリカ、ニューヨーク。ウィキッド

ロンドンとニューヨークでエンターテイメントを楽しんだ。
これが最後のミュージカル。

ウィキッド は視点を変えた、もう一つのオズの物語。ドロシーとエメラルドグリーンの肌をもつ少女の話。
片方が「善い」と呼ばれ、もう片方が「悪い」(ウィキッド)と呼ばれるようになる。
“【58歳350日世界一周旅行】20181129アメリカ、ニューヨーク。ウィキッド” の続きを読む

【58歳350日世界一周旅行】20181128アメリカ、ニューヨーク。シティパスでアメリカ自然史博物館

シティパスの有効期間は9日。
最終日にアメリカ自然史博物館へ。

地下鉄を降りると目の前に入り口がある。
雨や風の日は便利だね。
“【58歳350日世界一周旅行】20181128アメリカ、ニューヨーク。シティパスでアメリカ自然史博物館” の続きを読む

【58歳350日世界一周旅行】20181127アメリカ、ニューヨーク。シティパスで美術館2つの日(日記)

晴れると気持ちいいね
昨夜濡れた服は何とか乾いたが、
スニーカーは濡れたまま、仕方ないね。

朝食は、今日で賞味期限が切れるゆで海老がたっぷり入ったトマトパスタ。
最後の野菜スープは濃厚、野菜の旨味が凝縮している。
スープの具を引き上げてパスタに入れたのでスープは具なし。
急きょ味噌汁の具インスタントのワカメを入れてみた。
けっこういける。
“【58歳350日世界一周旅行】20181127アメリカ、ニューヨーク。シティパスで美術館2つの日(日記)” の続きを読む