九州北部で春一番

九州北部で春一番が吹いた。
春一番は、立春を過ぎて春分の日までの間に、
初めて吹く南よりの強い風。
春近し!

なぜかお金が増える人の習慣38by田口智隆

2017年SBクリエイティブ社発行
田口智隆 著

副題の、借金まみれで自己破産寸前の僕でも億万長者になるなっちゃった!
が目をひく。

“なぜかお金が増える人の習慣38by田口智隆” の続きを読む

ホットクックで無水カレーを予約調理してみた

せっかくの無水調理鍋なので、
無水調理をしようとメニューブックをパラパラと。

おおっ無水カレーがある。
メニューブックだと市販のカレールーを使っているが、
勝間和代さんのレシピだとカレー粉を使っている。市販のカレールーは油が多くカロリーが高い。なので勝間レシピで。
“ホットクックで無水カレーを予約調理してみた” の続きを読む

第11回シネマカフェin小倉昭和館

ホットワイン付き、フラメンコショー

この企画が好き。
シネマカフェ。
館長さんのアイデアが光る。
“第11回シネマカフェin小倉昭和館” の続きを読む

パッション・フラメンコ

小倉昭和館で二本立て。
積雪3センチ?雪が舞う中バスで。

■パッション・フラメンコ
原題:Sara Baras Todas Las Voces
パッション・フラメンコ
踊り続ける女王の果てなき挑戦を映し出す―——
情熱のドキュメンタリー!
監督:ラファ・モレス、ぺぺ・アンドレウ
出演:サラ・バラス、ティム・リース、ホセ・セラーノほか

革新的な舞台に息をのむ。

才能、情熱が柔らかい。
ラストシーンのメッセージが心に残る。
社会を良くするのはみんなの役目。
やるかやらないか挑戦だ。

◆現代フラメンコ界最高峰のダンサー、サラ・バラス。革新的な舞台と、ルールを打ち破る姿勢が絶賛され、若くして世界中にその名が知れ渡った。本作ではパコ・デ・ルシアら6人の巨匠にオマージュを捧げた舞台「ボセス フラメンコ組曲」初演までの3週間と世界ツアーに密着。フラメンコダンサーとしての挑戦はもちろん、母や女性として奮闘する姿も映し出す。
(2017年/スペイン/1時35分)

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣

小倉昭和館二本立て。
積雪3センチ?雪が舞う中バスで。

福岡市のKBCシネマでやっていて見逃した作品。小倉でやってくれてありがたい。

才能が溢れ、溢れて枠に収まらない天才ダンサー。

「夢は全てかなった。
あとは普通の人生を送りたい。」と
呟く横顔が痛々しい。
ありすぎる才能を持て余す苦悩が伝わってくる。

引退すると言った後、髪を剃って踊り出す顔が別人。

~2月23日(金)まで
昭和館②号館
ダンス界の異端児に迫る!
ドキュメンタリー映画 2本立て
「ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣」
「パッション・フラメンコ」

「ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣」
上映時間 
★2/10(土)~2/16(金)10:00/13:30/16:50
※2/12(月)はシネマカフェの為16:50の回上映なし
★2/17(土)~2/23(金)11:50/15:15/※18:35(水~土のみ)
◆19歳で英国ロイヤル・バレエ団の史上最年少男性プリンシパルとなったセルゲイ・ポルーニンは、その2年後、人気のピークで電撃退団。そのニュースは世界中に報道され、彼にまつわる様々な噂が飛び交った。「ヌレエフの再来」と謳われる類稀なる才能と、それを持て余しさまよう心が行きついたのは…。本人や家族、関係者のインタビューなどを通し、ポルーニンの真実の姿に迫るドキュメンタリー。
(2017年/イギリス・アメリカ合作/85分)

ホットクックの設定がまるで

説明書を何度も何度も読んで設定。
Wi-Fiに繋いで設定がおわったら、
人口知能ちゃんからご挨拶。
「繋いでくれてありがとう。
これからいろいろアドバイスしますね。よろしく」
なんか可愛い。

うまくいかない!
やだっこれ鍋だよね、パソコンじゃないよね?
説明書を隅々まで読む。

ルーターを見てもボタンが分からない。

ここじゃないかな?字が小さくて読めなーい。
押してみよう。おおっ繋がったわ!

まだまだ続く。

なんかピンクのランプがついた。

人口知能ちゃんが呼んでる?
メニューから占いをしてみた。
無水調理鍋で占いって?

ほー、いろいろ遊べそう。

我が家にホットクックが来た!

勝間和代さんの本で知り、
勝間さんのメルマガで度々読み、
まるで自分でも使っているかのような気になっていた自動調理鍋、ホットクック。

仕事も家事も効率的に!がモットーの経済評論家・勝間和代さん。「とにかく時短や作業の簡略化のためには“ツール”の活用が重要!」と常々言っている。

勝間式ロジカル家事、キンドル版販売になりました。当時の著書と現在の主な変更点もまとめます。 – 勝間和代が徹底的にマニアックな話をアップするブログ

安いものではないし場所もとるしなかなか購入までには至らなかった。

先日のエンジン01大分の夜会で勝間和代さんと話すことが出来た。
「ヘルシオとホットクックだったら、
どっちを買えばいいと思いますか?」

勝間さんは即答「ホットクック」

「はい、買います。」で、購入。
近くのヤマダ電機に行ったら最新機種がおいていなかった。

ヤマダ電機で7万5千円が
ネットで調べると安いショップだと5万五千円。2万も違う!

ドキドキで見知らぬネットショップで購入。

インターネットにつなぎ、
AI(人口知能)が学習していく家電!

使いこなせるかしら(笑)

暮らしの生産性をあげるプロジェクトスタート!

ツバキ文具店by小川糸

2016年幻冬社発行
小川糸 著

ドラマが良くて、原作を読んでみたくて図書館にネット予約。

小川糸さんは、デビュー作の「食堂かたつむり」が衝撃的だった。

糸通信
“ツバキ文具店by小川糸” の続きを読む

おいしいユーラシア祭り@門司港

中央アジアのソウルフード、プロフ。
炊き込みご飯。

門司港の焼きカレーとともに。


“おいしいユーラシア祭り@門司港” の続きを読む