プロフィール

こんにちは、杉野美子です。
美しい子と書いてよしこと読みます。
はい、ここ笑うとこです。

1960年昭和35年に北九州で生まれました。

18歳で水戸に引っ越し。
茨城大学に進学するため。
ちなみに共通一次試験一期生です。

テニスに明け暮れた学生時代。
社会科の教員免許(中学2級、高校1級)を取ったことが後に役立つ。

卒業して東京で富士通の販売会社に就職。
希望はSEだったが営業に配属、ワープロのインストラクターをやり
お客さんの笑いを取ることに喜びを感じる。

2年後に学生時代から付き合っていた男性と結婚、寿退社。
18歳から25歳まで付き合い、40歳まで夫婦したが離婚。

離婚後は、7日で10種類のアルバイトを掛け持ち働く。
財布に60円しかなくどうやって息子のお弁当を作ろうか悩んだ極貧時代。
3回過労で倒れ、療養生活を経て、小学校のお手伝いの仕事を紹介される。

先生の資格を取ったら?と勧められ通信教育(明星大学)で小学校の教員免許の取得に必要な単位を取り始める。
2011年3,11震災の後、息子の大学進学を見届け地元北九州への引っ越し。
小倉の母校で教育実習をする。

2011年9月に通信教育を終え教員免許を取り、北九州教育委員会に講師登録。
2012年4月からの仕事の合間に、1回目の世界一周旅行に行く。
33日間7ヶ国。世界中で「プリーズ、ヘルプミー」

2012年4月から生まれて初めて教壇にたつ。51歳の新人先生。
分からないことだらけで職員室で「プリーズ、ヘルプミー」

60歳まで働きその後再び世界一周旅行に行こうと貯金を始める。
夏休みはヨーロッパ2週間、冬休みはアジア1週間の旅行を自分で手配し
次の世界一周旅行は自分で組もうと経験を積む。

荷物は少なく思い出は多く、念のための荷物はいらないと
どこでも小さなリュック1つで旅を楽しむ。

6年間無我夢中で先生を楽しむが、体を壊し退職。
講師は1年契約なので正確には契約を更新しなかったということ。

60歳で2回目の世界一周旅行に行くと夢を語っていたが、
3年早く実現。

2018年7月8日旅たち、2019年6月30日帰国

帰国後は世界一周旅行で感じたことを本にし
講演会で全国をまわる。

何歳からでも挑戦はできる、
1度きりの人生を楽しもうワクワクして生きよう、
世界一周旅行って楽しいよと
新しいライフスタイルを提案する。

世界中を旅しながら情報を発信する夢見るミニマリスト。