【58歳350日世界一周旅行】20190325クスコからプーノまで観光しながら移動。インカエクスプレス。

クスコから南へ移動。チチカカ湖のあるプーノまでの移動。直通バスだと7時間ぐらいだけど、あえて観光しながらの10時間を選んだ。移動を楽しみたいので。

1.チケットの買い方
公式サイトから前日に購入した。

INKA EXPRESS VIP Tourist Bus Service CUSCO – PUNO – CUSCO

クレジットカード払い50ドル。
観光地で入場料は別払い。ランチは込み。

旅行代理店も回ったが、自分で公式サイトから取ってくださいと言われたり、他のバスをすすめられたり。

これだと入場料込みで70ドルらしい。代理店で頼むと公式サイトより高い。

インカエクスプレス社からメールで送ってくるチケットは印刷不要。当日の朝、受付でスマホの画面を見せると、印刷したものがもらえる。

ちなみに直通バスは、60ソル(約2,010円)ぐらい。観光バス(インカエクスプレス)は50ドル+50ソル=5500円+1670円=約7170円。観光バス(ツーリズモ)は公式サイトから申し込むと63ドル=約7000円。

2.受付

6:30集合、6:50発。

集合場所のインカエクスプレス社は、アルマス広場から徒歩20分。下りだから楽。

中に入ると奥に事務所がある。
ここでスマホの画面を見せると、印刷したボーディングパスがもらえる。

事務所の左側にトイレがある、トイレットペーパーはなし。
バスにもトイレがついている。

バスのそばにいる係の人に荷物を渡すとバスの下の荷物入れに入れてくれる。引換券をくれるので荷物をうけとる時に見せる。荷物の管理がしっかりしていて安心できる。

3.観光

時間通りに出発。
乗車の際に、首から下げるのを渡される。
ツアーは団体行動。

まずはガイドさんから今日の流れの説明があった。英語がわかる人?スペイン語がわかる人?
確認してそれぞれの言葉で説明する。

次に、今日の入場料50ソルが集められた。現金のみ。

インカのパンの説明と試食。ほんのり甘くて美味しい、思ったより柔らかい。

豪華でゆったりな車内には、Wi-Fiなし電源なしが残念。ペットボトルホルダーあり。

3-1 Andahuaylillas

小さなアンデス村の中央広場にあるサンペドロ・デ・アンダワイヤーラス(南アメリカのシスティーナ礼拝堂)

立派で豪華な教会だった。
インカ帝国おそるべし。

カレンダーをもらった

車内では、飲み物サービス。

3-2 インカ遺跡

古代インカ考古学の場所であるラッキー

☆ランチはレストランでふビュッフェスタイル

デザートが美味しかった

3-3 La Raya

標高4335m
遠くの山には雪が見える

3-4博物館

草木染め

3-5 博物館

遺跡から出たものが保存されている。

他の観光バスも来ていた。

4.到着

予定より1時間遅れて18:00にプーノのバスターミナルに到着した。お礼を言いガイドさんにチップを渡そうと思ったが誰も渡していなかったので渡さなかった。

移動しながらの観光、おすすめです。

投稿者プロフィール

yoshiko
yoshiko
2011年初めてのひとり旅が世界一周旅行。とりこになり58歳で2周目、1年間!
2018年7月8日から2019年6月30日まで世界一周旅行中
Youtubeでも発信中、チャンネル登録お願いします!
「よしこの世界一周大冒険」

詳しいプロフィールはこちら