201805オーストラリア国際空港でSIMカードを買ってみた。

方向オンチの私は日本でもGoogleマップなしでは目的地にたどり着けない。

海外旅行先では、モバイルデータ通信をオフにしているので(勝手に繋がって膨大な金額の請求がくると怖いから)ホテルやカフェなどフリーWi-Fiがある所でしかインターネットが繋がらない。
携帯会社の海外プランって高いし。

だから、道に迷いっぱなし。
地図をゲットしても自分がどこにいるか分からないから、地図が読めない。

去年の夏、空港で借りて返却もできるWi-Fiルーターを初めてレンタルした。

海外でいつでもGoogleマップが使えるって
嬉しい。迷わないし時間のロスがない。
なんでもっと早く利用しなかったんだろう。

しかし、いろいろ調べるとWi-Fiルーターを借りるより、スマホのSIMカードをその国の安いSIMカードに差し替える方がもっと安いみたい。

でも、日本のスマホは三大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)がお客の囲い込みのため他社のSIMカードと差し替えることができないようになっていた。

だが、外国に比べ高すぎる通信費に対して
日本でもSIMカードは自社しか使いないロックをかけてはいけない法律ができた。

SIMフリーとは、ドコモやau、ソフトバンクなどのキャリアに縛られず、どの通信業者とも契約可能な「スマホの状態」のことをいう。

国内でも、本体はそのままで内蔵された小さな部品、SIMカードを入れ替えてもっと安いサービスが受けられるようになった。

それが、今よく宣伝されている格安スマホだ。
私も先日i Phoneの本体はそのままで中のSIMカードだけ変えた。
月の通信費が1万以上かかっていたのが
月980円!

で、海外旅行での初SIMカード購入。
海外の空港でSIMカードを買い差し替えると、
その国でインターネット使い放題の安いプランの契約ができる。

パスポート見せて購入。
そして設定を全てやってもらう。
↑ここ大事!

すると、フリーWi-Fiが飛んでない所でもいつでもインターネットにつなげる。
日本にいる時と同じ通信環境を手に入れることができる。

今回のオーストラリアでは4日しか使わないから30日つかえるプランのSIMカード買うより、フリーWi-Fiだけ拾う生活でもよいのだが、
7月からの世界一周旅行の練習にもなると、
挑戦してみた。
4日で40ドルって1日10ドル。
オーストラリアドルはだいたい80円。
1日800円、、、
30日でも40ドルだから3300円として30日使えば1日110円安っ

あっと言う間に終わった。
ショップのお姉さんは日本語も中国語もペラペラ。
案ずるより産むがやすし。

また一つできることが増えた。
嬉しい!