「予算100万円Bag1つで大人の世界一周へ行こう」セミナー

世界一周旅行に興味はあるけど、

行くのは心配!と思っているあなたへ

予算 100 万円 Bag1つで

世界一周が実現する

秘密

をお伝えします

「予算100万円Bag1つで大人の世界一周行こう」セミナー

の受付を開始します!

各日、定員になり次第、募集終了になります

こんにちは、杉野美子(すぎのよしこ)です。

このたびは「予算100万円Bag1つで大人の世界一周へ行こう」セミナーに

興味をもっていただき、ありがとうございます。

今回、興味をもっていただいたということは

  • いつの日か世界一周に行きたい
  • 世界中のおいしいものを食べたい
  • 憧れの美術館で一日ゆっくり絵を見ていたい
  • 知らない国を見てみたい
  • 知らない価値観にふれ人生を豊かに生きたい
  • 世界中に友達ができたら楽しそう

などの思いを持っていらっしゃるからだと思います。

でもまだ、実現に至ってないということは

あなたの中に大きな不安があるのではないでしょうか。

世界一周行きたいけど、すごく不安

  • すごくお金がかかるんでしょう?
  • 海外旅行って怖そう。憧れよりも心配や不安の方が大きいわ
  • 普段の旅行でも大荷物なのに世界一周なんていったいスーツケース何個になるの?
  • スーツケースを何個も持ってヨーロッパの石畳の道をコロコロできないわ
  • いい歳して世界一周なんて行って、病気にでもなったらどうするの?
  • この歳では何時間も飛行機に乗るのはムリ。腰が痛くなっちゃうわ

あなたはそんな心配から夢をあきらめていませんか?

 私もそうでした。心配どころかムリだと思っていました。

 歳だしお金もないしあきらめていました。

 でも行ったんです50歳 代で 2 回、世界一周へ。

1 回目は51でした。2011年11月のことです。

33日で8ヶ国11都市に行きました。

2 回目は58でした。2018 年 7 月から1年間で25ヶ国へ行きました。

私が不安で諦めていた夢の世界一周へ行けたのは、

勇気を出して一歩踏み出したからなんです。

今死んだら何を一番後悔する?

2011 年 3 月 11 日、茨城県水戸市に住んでいた私は東日本大震災にあいました。

 死をすぐ身近に感じました。

そして考えました。

もし、このまま私の人生が終わってしまったら、、、

「夢の世界一周へ行っていない。世界一周に行かずに死ぬのは嫌だ」

そして、世界一周へ行くと決めました

そして調べに調べて

 図書館にある世界一周に関する本を全て読み

ネットでも実際に行った人のブログを読み

そして気がついたのです。

私も行けそう。

行けない言い訳を考えるのでなく、

行くための方法を考えたのです

そして不安、心配、気になることを全て書き出して

分類してみました。 実は3つに分けられることに気がつきました。

お金の心配

 ・世界一周っていったいいくらかかるんだろう。想像もつきませんでした。

 ✓荷物の心配

  ・海外旅行ってただでさえ荷物が多いのに、世界一周分の荷物なんてスーツケースが

いくついるんだろう。

・それにいったい何を持って行けば良いの?

 ✓海外旅行の心配

・スリに狙われそう。怖いし不安だわ。

・病気になったらどうすればいいの?

心配はこの 3 つだったのです。

3つの心配の壁は越えられます

壁を越えるキーワードはスリム化です。

  • 予算のスリム化
  • 荷物のスリム化
  • 海外旅行の心配のスリム化

3つの心配をスリム化すれば、あなたも世界一周へ行けます。

1.マイルと世界一周チケットで予算は半分!

 まず、予算の心配は2つの方法でスリム化できます。

  • マイルという魔法
  • 世界一周チケット

マイルって聞いたことありますよね?
でもただ貯めるだけでは世界一周には行けないんです。

そのためには効果的な貯め方があるんです。

 世界一周チケットって聞いたことありますか?
かなりお得なチケットです。

これらを駆使すれば予算はスリム化できるのです。

旅行会社に頼むより80万円も予算を抑えられます。

賢く予算を使いましょう。

2,荷物を減らすにはコツがある

次に、頭の痛い荷物の心配。

準備も片付けもうんざりしますよね。

私もそうでした。

次の写真を見てください。

 私は 1 回目の世界一周 33 日間では 2つのスーツケースとリュックで行きました。

2 回目の世界一周 1 年間では小さなリュック一つで旅をしました。

 最初は、心配で

念のためにといろいろ持って行ったので

大きなスーツケースがすぐいっぱいになったんです。

雨が降ったらどうしよう。

折りたたみ傘を持って行こう。

防水の上着もいるかも。

暑いと 日傘もいる?

日焼け止めは何本持って行けばいい?

サンダルにブーツもいる?

心配の数だけ荷物は多くなりますよね。

2 回目は、旅慣れてきたので持って行くのは必要最小限のものだけ。

どうしても必要なものは現地で買いました。

荷物を少なくするにはコツがあります。

荷物には優先順位の付け方があるのです。

絶対持っていかなければいけないものと

現地で調達できるもの。

それを把握しないと荷物はとどめもなく増えてしまいます。

3,海外旅行の心配は事前に減らせる

3つめの心配。海外旅行への心配はつきません。

私も最初の世界一周に行く前は心配で心配で、毎晩嫌な夢を見てはうなされました。

何度夢の中で殺されたことか。

とにかく不安だらけでした。

しかし、調べに調べてまた2回の世界一周の経験から言えるのは、

心配なことは事前に徹底的に調べるとかなり減らせるということ。

例えば、私はロンドンで病院に行きました。

病気になったらどうしようと心配だったので

事前に調べておきました。

保険会社の連絡先もメモしました。

なので慌てなくて病院に行くことができました。

また、パリの地下鉄は日本人を狙ったスリが多いと聞いたので、
調べました。

手口を動画で研究してから行きました。

事前の準備で、心配はだいぶ減りますよね。

経験者に話を聞くのも参考になります。

3つの心配を解消して私は世界一周へ旅立ちました

毎日驚きの連続でした。

夏の1ヶ月のバカンスのために働く人々、

公園で一日遊ぶ家族、

プールサイドで本を読んでいるだけの人々、

日本にいたら決して見ることのない人々を見て

言葉を失いました。

これでいいんだ!人生楽しそう!

もっとのんびりゆっくり生きていいんだ。

もっと人生楽しんでいいんだ。

価値観がガラリと代わり生きやすくなりました。

あなたにもぜひ人生を変える世界一周に行ってほしいです。



コロナウイルス感染拡大で海外に行けない

今こそ準備の絶好のチャンスです

なぜなら、

世界一周のプランを立てるのも時間がかかります。

マイルを貯めるのにも、準備期間が長い方が多く貯めることができます。

だから一刻も早く、始める必要があるのです!

人生で今が一番若いのだから!

私は

旅のチカラでもっと豊かな人生を送ってほしい

あなたにもっともっと輝いてほしい

一人でも多くの人に世界一周を楽しんでほしい

と願っています。

 私は今まで多くの自分の夢を叶えてきました。

そして還暦を迎え、

これからは皆が夢を叶えるお手伝いをすると決めました。

  • 世界一周の楽しさを伝えること
  • 一人でも多くの人が夢の世界一周へ旅立つお手伝いをすること

が自分の使命だと確信しています。

人生をもっと楽しむ決断をしませんか

【セミナーは満席になり次第受付終了】
人数限定!

「予算100万円Bag1つで大人の世界一周へ行こう」セミナーの

受付をスタートします!

日時 ① 10月2日(金)19:00-21:00

      ② 10月17日(土)10:00-12:00

方法   Zoom を使います。

URLは入金が確認され次第メールにてお知らせします。

参加費  5000円(税込) メルマガ読者 2,500円

オンラインセミナー申し込みの流れ

当ページの申し込みフォームから希望の日を選び、申し込みをしてください。

折り返し入金方法が書かれたメールを送ります。
PayPalか銀行振り込みお好きな方法で入金をお願いします。
入金確認後、Zoom情報をお送りします。
当日はそのZoom情報をクリックして参加してください。

「予算100万Bag1つで大人の世界一周へ行こう」

オンラインセミナーに

杉野美子(すぎのよしこ)プロフィール

世界一周アカデミー主宰

1960年昭和35年、北九州生まれ。


18歳で茨城大学に進学するため、水戸に引っ越し。
ちなみに共通一次試験一期生。

テニスに明け暮れた学生時代。
社会科の教員免許(中学2級、高校1級)を取ったことが後に役立つ。

卒業して東京で富士通の販売会社に就職。
希望はSEだったが営業に配属、ワープロのインストラクターをやり
お客さんの笑いを取ることに喜びを感じる。

2年後に学生時代から付き合っていた男性と結婚、寿退社。
18歳から25歳まで付き合い、40歳まで夫婦したが離婚。

40歳で離婚後は、7日で10種類のアルバイトを掛け持ち働く。
財布に60円しかなくどうやって息子のお弁当を作ろうか悩んだ極貧時代。
3回過労で倒れ、療養生活を経て、小学校のお手伝いの仕事を紹介される。

勤務先の小学校で「先生の資格を取ったら?」と勧められ

通信教育(明星大学)で小学校の教員免許の取得に必要な単位を取り始める。
2011年3月11日の東日本大震災の後、
息子の大学進学を見届け地元北九州の実家へUターン。

2011年9月に通信教育を終え単位をそろえ教員免許を取り、

北九州教育委員会に講師登録。
2012年4月からの仕事が始まる前に、

2011年11月から1回目の世界一周旅行に行く。
33日間7ヶ国。世界中で「プリーズ、ヘルプミー

2012年4月から生まれて初めて教壇にたつ。

51歳の新人先生。
分からないことだらけ、職員室で「プリーズ、ヘルプミー

60歳まで働きその後再び世界一周旅行に行こうと

貯金を始める。
夏休みはヨーロッパ2週間、冬休みはアジア1週間の旅行を自分で手配し
次の世界一周旅行は自分で組もうと経験を積む。

荷物は少なく思い出は多く、念のための荷物はいらないと
どこでも小さなリュック1つで旅を楽しむ。

6年間無我夢中で先生を楽しむが、体を壊し退職。

60歳で2回目の世界一周旅行に行くと夢を語っていたが、
3年早く実現。

2018年7月から1年間の世界一周へ。

帰国後は世界一周旅行で感じたことを電子書籍で出版し
講演会で全国をまわる。

何歳からでも挑戦はできる、
1度きりの人生を楽しもう、
世界一周旅行って楽しいよと
新しいライフスタイルを提案する。

そして60歳還暦を迎え、

自分はどんどん夢を叶えてきたので、

これからはみんなの夢を叶えるお手伝いをすると決め、

オンラインスクール「大人の世界一周アカデミー」を開校。 2021年には3回目の世界一周に行く予定。

メルマガ登録してね

毎朝7時に届きます。登録はこちらから