【本】マグダラ屋のマリアby原田マハ

こんな本も書くのね、原田マハ。
2011年の作品の文庫本をkindleで読んだ。

幻冬舎文庫

泣けた泣けた、バスタオルが涙と鼻水で濡れたわ。罪と償い。相手を許すということ、自分を許すということ。希望が見える終わり方が良かった。

【本】15歳で起業したぼくが社長になって学んだことby正田圭

なかなか強烈な本だった。
続きが気になって一気に読んだ

2016年CCCメディアハウス発行
正田 圭 著

インタビュー記事はこちら
15歳で起業したボクが35億の会社を経営するまでの話 ―中学生起業家の失敗のすべて – TIGALA株式会社 代表取締役CEO 正田 圭氏 | エグゼクティブキャリア総研

“【本】15歳で起業したぼくが社長になって学んだことby正田圭” の続きを読む

【本】10人のパリジェンヌby山本ゆかり、アトランさやか

10人のパリジェンヌへのインタビュー集。

山本ゆかり、アトランさやか 共著
2014年毎日新聞社発行

はじめにより引用

自分の仕事に誇りを持って日々を懸命に生きる女性。内面の美しさや強さが外見にもにじみでている。

愛は毎日作り出すものという考え方も彼女たちに教わった
“【本】10人のパリジェンヌby山本ゆかり、アトランさやか” の続きを読む

【本】人生はどこでもドア、リヨンの14日間by稲垣えみ子

2018年11月8日発行ってまだきてないけど。
電子版は早く発行?
東洋経済新報社

稲垣えみ子 著

朝日新聞を辞めて、
電気を極力使わない生活をしているアフロの人。

魂の退社も読んだ。
彼女の旅行本が出るというので予約していた。
“【本】人生はどこでもドア、リヨンの14日間by稲垣えみ子” の続きを読む

【本】面倒くさがり屋の僕が3ヶ月で英語を話せるようになった唯一無二の方法by須藤元気

南ドイツの鉄道移動中にiPad読者。
わかりやすい本だった。

話すこと、コミュニケーションツールとしての英語に特化した習得法。

私のゴールもここ。
This one 症候群は胸が痛い。

世界一周旅行中に毎日英語に囲まれているのに、英語が話せるようになった気がしないのはこれだ。
“【本】面倒くさがり屋の僕が3ヶ月で英語を話せるようになった唯一無二の方法by須藤元気” の続きを読む

【本】ハーバード医学教授が教える健康の正解

面白い。
分かりやすい。

ビック5!

コーヒー
ビタミンD(陽に当たること)
運動
ナッツ
瞑想

たった5つの生活習慣で長生きできる。

これらが豊富なデーターとともに説明されている。

コーヒーを飲み、
正常範囲内で高めのビタミンD濃度を保ち、
定期的に運動し、
1日数分瞑想し、
ひとつかみのナッツを食べる、
習慣が体にとても良いと、
健康効果の根拠を紹介し、説明している。

5つ気をつければ良い。
これなら忘れずに出来そう。

この本を読みながら、飛行機の中でいつもなら紅茶を飲むのに、
コーヒーを久しぶりに頼んでみた。

長い旅で何が怖いって具合が悪くなること。

食べ過ぎれば胸焼けがするし、
寝不足だと頭が痛くなる。

毎日平均二万歩は歩いているので、
身体が軽い。

Kindle版でどんどん本を買い、
どんどん読んでいる。

アウトプットしなきゃね。
自分のためにも、この情報を必要とする人のためにも。

ハーバード医学教授が教える健康の正解
原題 The Big FIVE
サンジブ・チョブラ著
櫻井祐子訳
ダイヤモンド社発行
2018年9月