おいしいユーラシア祭り@門司港

中央アジアのソウルフード、プロフ。
炊き込みご飯。

門司港の焼きカレーとともに。



トークイベントが面白い。
3人の中央アジア愛が伝わってくる。

中央アジアは5カ国のこと、
カザフスタン・ウズベキスタン・キルギス・トルクメニスタン・タジキスタンの五共和国

食の十字路

プロフとは、肉と野菜を炊き上げた米料理。

その炊き込みご飯がフランスに渡ってピラフとなる。

人参、肉、米 同量で。

2人目は、漫画家さん。

家庭料理は言葉のいらないコミュニケーション。

ハラルショップは、安くて美味しいものが売っている。

プロフは、暖かい緑茶と一緒に食べる。
油が多いから。

グリシェンさんのトークが深い。
ウイグルから持ち帰った串。
地方によって肉を焼く串にも違いがある。
まさに文化人類学

ウイグルチャイにエッセイがついて500円を土産に買って帰る。
これで家でもウイグルチャイが飲める。

個性的なカフェには、個性的な方々が集う。
また素敵なご縁が広がった。

ありがとう。愛してる💕

メルマガ登録してね

毎朝7時に届きます。登録はこちらから