天空の映画館。日本初、小倉城の天守閣で映画

日本初の取り組み、小倉城の天守閣で映画を見る。
小倉城が出てくる映画、武蔵。

1番新しくて1番史実に忠実な映画ですとは、
小倉昭和館の樋口館長。
着物姿が素敵。
喋りはいつもの元気な樋口節。

映画の途中で休憩が入った。
勝山公園の平成中村座の千秋楽で、
最後舞台が開くシーンを見ることができた。

見たかったから、館長の配慮に感謝。

1万円の映画にいったい何人来るだろうと心配していたが40名満席!

スクリーンのシワが気になったり、
ソフトドリンクのプラカップが悲しかったり、
課題もあるが、 
なんと言っても日本初!
新しい取り組みに拍手喝采!

お弁当がめちゃ美味しかったり、
国産キャビアが優しい味だったり、
贅沢な体験ができた。

小倉城城主の挨拶

美味しかったお弁当

お弁当に込めた思いを話す杉野重人シェフ

スクリーンはこんなスタンドタイプでした

日本初の取り組み、天空の映画館の成功、
おめでとうございます!

行って良かった!

メルマガ登録してね

毎朝7時に届きます。登録はこちらから