上手に歳を重ねる方法by勝間塾サポートメール

私の体験が誰かの役に立つと嬉しいです。

勝間和代さんの勝間塾で学んでいます。
毎朝5時にくるサポートメールの課題に答えてみました。

以下勝間塾への投稿より引用

59歳です。50すぎてどんどん生きるのが楽になってきました。それは何があってもなんとかなる、立ち直れる、回復できると思えるからなんですね。

40歳で離婚する前は、私なんて生きている資格はないと死ぬことばかり考えていました。が、生きています。楽しく生きています。死ななくて良かった。その時は死ぬしかないと思ったのに、なんとかなった。

51歳で生まれて初めて小学校の先生になった。無理!と思ったが、なんとかなった。楽しい仕事だった。

58歳で世界一周旅行に行った。なんとかなった。そしてその楽しいことが仕事になった。波乱万丈の人生の話がうける。人生何とかなるよと話すことができる。

歳を重ねるって楽しい。

サポートメール6日目の課題は、

・あなたは、レジリエンスという概念を知っていましたか? これまで意識的にそれを育てようとしてきましたか?

⭐︎知りませんでした。でも七転び八起きで生きるうちに育ってました。

・あなたは、私達がこれから加齢をするにつれ、必要なのは強さではなく、逆境にあっても、自分の中を見失わずに制御し、自分の強みを生かしてよりポジティブな環境に持っていこうとする自己コントロールであるということをイメージできましたか?

⭐︎人生経験から何とかなると学びました。

・あなたは、回復力があると、失敗にとらわれないようになるので、新しいチャレンジも出来るし、完璧主義の罠にも陥らなくなるというようなことをイメージできましたか?

⭐︎失敗を恐れないためには回復力が大切と分かりました。だから開き直れるんだと気がつきました。

この記事を書いた人

杉野 美子

杉野 美子

2011年初めてのひとり旅が世界一周旅行。とりこになり58歳で2周目、1年間!
2018年7月8日から2019年6月30日まで世界一周旅行中
Youtubeでも発信中、チャンネル登録お願いします!
「よしこの世界一周大冒険」

詳しいプロフィールはこちら