NPO水戸こどもの劇場への原稿 202003

水戸に住んでいるときに参加していた水戸こどもの劇場。子供たちと一緒に演劇を見たりキャンプに参加したりラジオ番組の立ち上げに関わったり大いに学ばせてもらった。

北九州へUターンしたあとも賛助会員として参加している。世界一周旅行中から機関誌へ投稿していた。帰国後も引き続き寄稿している。

今回は2回目の東京、水戸講演会を終えて。

再会や偕楽園の散策を通して自分の原点を見つめ直した話を書いた。

よしこの世界一周大冒険 by 杉野美子

1年間の世界一周旅行を終え帰国して日本全国で講演会をしています。
2巡目になると各地の特色が出て楽しいです。

2度目の東京講演会は、前からやってみたかった品川区民会館でした。何度かここでセミナーを受けたことがあり、いつの日か私もここで講演会ができたらいいなと夢みていました。また一つ夢が叶いました。有り難いことです。
東京での講演会は30代40代の女性が多かったです。始めての方々がほとんどだったので、自己紹介をていねいにしました。私の人生の転機やキャリアチェンジのたびに食いいるように前のめりで聞いている姿にこちらも思わず熱弁をふるいました。何歳からでも挑戦はできると体験談をを話しました。51歳で初めて小学校の先生になったところでは何度も質問がでました。思わず教育実習での苦労談まで飛び出しました。58歳で2回目の世界一周旅行にでたところで第一部終わり。旅の話より波乱万丈の生き方の話が中心になってしまいました。それぞれの会場でのお客様の反応を見ながら話すので毎回違う話になります。それでこそライブですね。

2月16日午後からは水戸での2回目の講演会でした。こちらでは東京講演会とは打って変わり自己紹介を省きました。電子書籍「よしこの世界一周大冒険、58歳で世界一周して分かった10のこと」の中から、価値感が変わった話を中心に話しました。日本と違うのではなく、日本が違うということ、お金をかけないでバカンスを楽しむ人々、お金をかけないで人生を楽しむ人々などを通して、もっと人生のんびり生きようよ、人生100歳時代の後半を楽しもうとエピソードを交えながら外国のライフスタイルを話しました。
続いてのマイル講座では、マイルを貯めてタダで飛行機に乗る方法の講座をしました。マイルを貯める方法は3つある、その3つ目の方法について説明しました。

講演会の前夜は18年ぶりの同窓会でした。テニスサークルの仲間と奇跡的な再会を果たしました。20代だった若者が40代になりいいお父さんになっている姿には驚愕でした。私に取っては離婚後の極貧生活真っ只中のころ。テニスサークルの500円の参加費が払えず参加出来なかったころの生活苦を思い出して胸が苦しくなりました。おかえりのサプライズのケーキの美味しかったこと。

水戸での講演会でのあと、カフェ清らで貸し切りの懇親会をしました。最初は申し込みが少なくて開催があやぶまれていましたが、友達の尽力で10人も集まり賑やかに会食ができました。遠く日立や笠間からもかけつけてくれ、ほんとご縁に感謝でした。

次の日は雨の中、偕楽園へ。全国に偕楽園の魅力を伝えたくて動画を撮りYOUTUBEへアップしました。暖冬ですでに4部咲きの梅を楽しみました。第2の故郷、水戸の偕楽園はほんと素晴らしい。梅大使とも水戸黄門様とも写真が撮れて大はしゃぎでした。

今年の秋から3回目の世界一周旅行に行く予定です。
まもなく還暦ですが益々人生楽しもうと思います。

この記事を書いた人

杉野 美子

杉野 美子

2011年初めてのひとり旅が世界一周旅行。
とりこになり58歳で2周目、1年間!
Youtubeでも発信中、チャンネル登録お願いします!
「よしこの世界一周大冒険」

詳しいプロフィールはこちら