【日本の旅】福岡県八女市 白壁の町並み

うなぎの寝床
八女市HPより引用

福島の町家は土蔵造りで、商家的な色彩と職人的な色彩を併せ持った、江戸、明治、大正、昭和初期の伝統様式の130軒程度の建物が旧往還道路沿いに連なっています。
静かなたたずまいの中に伝統工芸の職人の仕事の音が静かに響き、街角にたたずむと、満ち足りた時間がながれます。この沿道には、昔なつかしいお茶屋、みそ屋、和菓子屋、仏壇店、提灯店、日用雑貨店、手作り蒲鉾店、種物店等がならび日々の生活が営まれ普段着の町並みの魅力にあふれています。

メルマガ登録してね

毎朝7時に届きます。登録はこちらから