【映画】パブリック

エミリオ・エステベスが製作・監督・脚本・主演を務めた
図書館を舞台とした社会派ヒューマンドラマ

公立の図書館の役目とは?

館長の職員の説明の言葉が胸を刺す

I gave him a second chance.
そう、人は何度でもやり直せる。

最後のシーンには笑った。

以下、小倉昭和館の公式サイトより引用

メルマガ登録してね

毎朝7時に届きます。登録はこちらから