【映画】猿の惑星 聖戦記

前作も面白く、続編も楽しみにしていた。

チャチャタウンにあるシネプレックス小倉にて、朝一鑑賞。

争うことの愚かさが見事に描かれていた、私的には今年のベスト5に入る大傑作。猿の惑星聖戦記公式サイト


原題:Dawn of the Planet of the Apes

猿monkyでなくApes。

日本語字幕ではエイプスとなっていた。

日本語に訳すと違和感があるということかな。

英和辞典によると

【動物, 動物学】
a類人猿 《直立して歩く尾のないサルで,特に chimpanzee,gorilla,orangutan,gibbon などをさす; cf. monkey 1》とある。

人間対エイプス

人間対人間

エイプス対エイプス

繰り返される戦い、憎しみ。

そして感動的なラストシーンへ。

エンドロールが長い長い。

関わった人が、とてつもなく多いということ。

最後の最後の英語のメッセージを読みきれなかったのが悔やまれる。

まだまだ字幕に頼っているなあ。

 

 

メルマガ登録してね

毎朝7時に届きます。登録はこちらから