【本】最後の英語やり直し!by勝間和代

2014年毎日新聞社発行
勝間和代 著

Kindle版で、ウズベキスタンにて読んだ。

発売当初も読んだが、
レベルが高すぎてついていけなかった。

しかし、フィリピンへ語学留学したので
参考にはなっていた。

今回、再読したのはやはり必要にせまられたから。

確かに語彙が足りない。
英語でイスラム建築の話をされても、
知らない単語だらけ。
ガイドがいくらゆっくり話してくれても、
単語の意味がわからないのだからどうしようもない。

勝間さんは本書で、
語彙を増やすことを強調し、
オーディオブックや映画、本を勧めている。

モンゴル語やウズベキスタン語は分からなくて諦めがつくが、英語まで分からなくなっている。

せっせと翻訳アプリを使って語彙を増やすことにトライしているが、足りない。

日本で読んでいた、イングリッシュジャーナルのKindle版から取り掛かろう。
なんとイングリッシュジャーナルはリミテッドに入っていた。読み放題の1つ。ラッキー

メルマガ登録してね

毎朝7時に届きます。登録はこちらから