【世界一周】2018ウズベキスタンのタシケント、チョルスバザールへ地下鉄で行ってみた

バザールが好き。
タシケントでは、チョルスバザールが1番大きいようだ。

地下鉄で行ってみた。

地下鉄では外国人には、パスポートや荷物のチェックがあるとブログで見たのでホテルのフロントで話してパスポートを返してもらう。

警官が立っているのが地下鉄への入り口。

チケット売り場らしい所で地図を指差して言った。
チョルスバザールに行きたい。

係員があっちへと指差す。

地下鉄の改札口前には警官がいて荷物チェック用?テーブルがある。

警官に、地図を見せて聞いた。
チョルスバザールに行きたい。
ここで乗り換えれば行けるよねと確認。

笑顔で親切な警官。ホームのあっち側だよ多分言ってるロシア語で。

あれ?このまま入っていいの?と進むと
改札のお姉さんに止められる。

コインは?
あっちで買ってと多分言ってるロシア語で。

再びチケット売り場へ。

地図を指差してチョルスバザールと言っても全然通じない。
何人かに抜かされているうちに、英語の分かる人が来た。

I want to go this bazar.

ロシア語?ウズベク語?に通訳してくれた。

How much?

1000スムだしたらチケット係がなんか言ってる。足りない?10000スムをだしたら更に怒っている。

英語のわかる人がこっちと10000スムを指差す。

だしたらお釣りがいっぱい。
コインを初めて見た。

無事青いメダルをもらいひと安心。
チケット係が「name?」

は?なんでチケット買うのに名前がいるの?
「I’m Yoshiko.」

チケット係がら指で2人一緒に行きなさいと示している。

親切な母娘に連れられて改札口からホームへ。

パスポートチェックも荷物のチェックも無し。

2station change,and 2 station チョルスバザール?単語を並べて確認。

オッケー

タシケントの地下鉄は美しいとネットで読んではいたが、びっくりするぐらい美しい。

写真を撮りたいところだが、
最近は写真撮影が解禁になったらしいが、
警官の多さにビビりまた地下鉄でスマホを出すのをためらいやめた。

駅に着いたらあとは人の流れに乗ると無事バザールへ。

大きな青い屋根の建物の中は、お肉と乳製品。

外の建物には、果物や野菜。

番号のついた台車をひくのは仕入れ業者?

活気に溢れている。
広い、人が多い。

スリが多いと聞いていたのて、
財布とパスポートは首から下げる貴重品入れにいれている。

地下鉄の駅からバザールまでも露店が続く

野菜はトマトが山積み。

青い丸天井の中は肉と乳製品の脇にはお惣菜コーナーが。ピクルスやサラダが売っていた。

お肉売り場では通路に常温でレバーを売っていたのに驚く。
豚のお尻がいくつも。

動画もどうぞ

帰りの地下鉄のチケット売り場でびっくり。
1200と書いてある。
均一料金?

なんだか不思議な地下鉄体験でした。

メルマガ登録してね

毎朝7時に届きます。登録はこちらから