【58歳350日世界一周旅行】20181225フランス、パリ。ラ・ロトンド

クリスマスに食事ができるところはないか、
パリに詳しい友人に探してもらった。
フランス語で電話で予約してくれた。

モンパルナスにある老舗カフェのラ・ロトンド

モンパルナスは、1920年代の狂乱の時代、エコール・ド・パリの時代の芸術家たちの中心地として有名な地区。

エコール・ド・パリとは、「パリ派」の意味で、20世紀前半、各地からパリのモンマルトルやモンパルナスに集まり、ボヘミアン的な生活をしていた画家たちを指す。

ジャン・コクトー、藤田嗣治、モディリアーニ、ピカソに代表される当時の芸術家たちは、こぞってこのモンパルナスに住んでいた。

そんな彼らが日々、芸術論にはなをさかせた一軒のカフェが今も現存している、その名は、La Rotonde (ラ・ロトンド)、1911年創業の老舗カフェ。

1958年の映画『モンパルナスの灯』に出てくるカフェ。ジャック・ベッケル監督によるこのモディリアーニの伝記映画は、モンパルナスを舞台としている。というのも1900年代初頭はモンマルトルに代わって、モンパルナスが画家や作家といった芸術家の集うカルティエ(界隈)になっていたから。

ホームページには日本語もあり、
事前にメニューを見て決めて行くと良い。

48€のセットメニュー – La Rotonde Montparnasse

私たちが食べたのは
前菜は生牡蠣、カタツムリ

メインはお肉か魚

デザートはモンブランかアイス

美味しかった!

●店名LA ROTONDE

●住所
105 boulevard du Montparnasse 75006 Paris
Tel:01 43 26 68 84
最寄り駅はメトロ4号線 Vavin駅

●営業時間
7h30~翌1h00:無休

メルマガ登録してね

毎朝7時に届きます。登録はこちらから