ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣

小倉昭和館二本立て。
積雪3センチ?雪が舞う中バスで。

福岡市のKBCシネマでやっていて見逃した作品。小倉でやってくれてありがたい。

才能が溢れ、溢れて枠に収まらない天才ダンサー。

「夢は全てかなった。
あとは普通の人生を送りたい。」と
呟く横顔が痛々しい。
ありすぎる才能を持て余す苦悩が伝わってくる。

引退すると言った後、髪を剃って踊り出す顔が別人。

~2月23日(金)まで
昭和館②号館
ダンス界の異端児に迫る!
ドキュメンタリー映画 2本立て
「ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣」
「パッション・フラメンコ」

「ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣」
上映時間 
★2/10(土)~2/16(金)10:00/13:30/16:50
※2/12(月)はシネマカフェの為16:50の回上映なし
★2/17(土)~2/23(金)11:50/15:15/※18:35(水~土のみ)
◆19歳で英国ロイヤル・バレエ団の史上最年少男性プリンシパルとなったセルゲイ・ポルーニンは、その2年後、人気のピークで電撃退団。そのニュースは世界中に報道され、彼にまつわる様々な噂が飛び交った。「ヌレエフの再来」と謳われる類稀なる才能と、それを持て余しさまよう心が行きついたのは…。本人や家族、関係者のインタビューなどを通し、ポルーニンの真実の姿に迫るドキュメンタリー。
(2017年/イギリス・アメリカ合作/85分)

メルマガ登録してね

毎朝7時に届きます。登録はこちらから