モンゴル国際空港にて。保安検査場で爪切りと虫除けスプレーをチェックされた 【世界一周2018】

ウランバートル(ULN)8:40発
ソウル(ICN)12:50着
MIATモンゴル航空

6時にタクシーをお願いしてあった。
値段は40000トゥグルクと聞いていたので
財布の中には40000と、どうしても残ってしまった20トゥグルクだけ。

白い車の上にタクシーの緑のマークが乗ってないが、ホテルの人がタクシーだという。
車の外をせっせとふく若い男性、車内は流行りの洋楽が流れる。

街中で乗るおっちゃんのタクシーとはえらい違いだなぁ。

1時間みていた空港までの時間が20分でついた。朝早いから?

モンゴル航空のカウンターの列に並んでいたら、

空港職員に声をかけられた。
あっちよと空港の表示を指差した。
モンゴル語だが指差した先の表示は

International departure

あらっ、私が並んでいるこのカウンターは国内線ね。
パスポートチェックを受け、となりの建物へ。

カウンターの前には,
大きなスーツケースを何個も持った人々が長蛇の列をつくっている。

預け荷物ないんだけどなぁ、
直接保安検査場いけないかなぁ、
いやいや搭乗券がいるわ。

ならんだ。
カウンターでは、搭乗券をもらう。

荷物はこのベルトコンベアの上へと指さされたが、
ノー。
I carry my baggage in the airplane.

くるっと回って、背中のリュックを見せた。

保安検査場では水は持ち込めないので、ベンチでホテルが用意してくれたオベントウを食べる。
サンドイッチと水のこと。

保安検査場はとてもしっかりみている。
ヘアスプレー?と聞かれ化粧品入れを開けろという。
No hair spry,It’s
虫除けスプレーって英語でなんていう?と考えていたらスプレーの絵を見て納得。
オッケー。

リュックも開けろという。
爪切りを手にして、これを出しなさいと言ってる感じ。

爪切り取られるかなぁと差し出す。
隣では同じく爪切りをチェックされている若い女性がいた。
可愛いセットもので入れ物も可愛い。
思わず、かわいい!と日本語でつぶやく。

2人とも、オッケー。

バッテリーやiPadはチェックなし。
ほんと国によるのよね、気になることが。

虫除けスプレーを出した、液体物入れはジプロック中袋。
上手に入れないと入らない。
今朝は寝ぼけててうまくチャックが閉まらないまま持参。
一生懸命に入れようと何度も入れ直す私に神の手が!
保安検査場の係の人が、モンゴル航空の液体物入れ袋をくれた。
ジプロックより大きな入れ物。

バヤルララー

モンゴル語でありがとうと言ってみた。

保安検査場の人まで優しい。
毎日、モンゴルの優しい人々に助けられていた旅の締めくくりも
モンゴルの人の優しさ。

また、モンゴルへ来ようと決めた。

そしてまさかの再会
福岡の友だちとモンゴルで再会。びっくり!

メルマガ登録してね

毎朝7時に届きます。登録はこちらから