【世界一周2018】モンゴル最終日の食事

ホテルの朝食ビュッフェも最後。
ナーダミも終わり団体さんも帰国しまた再び静かになった。

お昼は、2時間歩いた後のラーメン。

バクド・ハーン宮殿博物館の向かいのビルで目立つこと。

日本のラーメンの味がした。珍しくスープも少し飲んだ。

13500トゥグルクは約620円。
高級感あふれる造りのお店だった。
「いらっしゃいませ」には驚いた。
「ありがとうござました」は言えてなかった(笑)

熊本味千ラーメンは、国内より海外の店舗が多い。

夕飯は、昨夜塩ざば定食に感動した、
フラワーホテルの富士レストラン。

お寿司を食べてみようとカウンターに行ったら、お寿司のネタ入れは空っぽ。

親子丼を頼んだが、イマイチ。
塩ざばはちゃんと焼いてから冷凍してあったのかな、
親子丼はキッチンで作ったのかな。
あくまで私の推測だけど。
出汁は難しいのだろう。


料理やおもてなしは日本風だが、
おしぼりはモンゴル風。
最初出されたときはびっくりしたが、
広げれば手はふける。

モンゴルで1番美味しかったものは何だろう。
ショホールかな、13世紀村で試食した手作りヨーグルトかな。

メルマガ登録してね

毎朝7時に届きます。登録はこちらから