【世界一周】2018ウズベキスタンのブハラ観光

ブハラは古い都、白の都。

ラビハウズ
池の周り

 

なんと結婚式の写真撮りに遭遇♡

ナディール・ディヴァンレキ・メドレセ
17世紀に建てられた神学校です。

太陽の顔は自分自身をあらわし、
鳥は先生、
豚は生徒を表している。

中はお土産屋

脇道を入り人形劇の人形を作っている工房へ。
人形のパフォーマンスはyoutubeで

バザールのタキ

交差点にあるドーム状の建物をタキと呼び、現在はお土産物屋が並んでいます。

カーペットとナイフはブハラの名産品

アブドゥールアジス・ハーン・メドレセ
ウルグベク・メドレセの前にある元神学校。
向かい合って立っている。

ピンクや赤の色使いが珍しい。
赤は血の色だからとこの後使用禁止になったとか

カーペットの手織り作業。
1枚織り上がるまでにいったいどのくらいかかるのだろう。気が遠くなる。

日本語ガイドさんはあまり日本語が得意ではない。

何を言っているのか分からなかったり、
日本語の単語がわからず英語で聞いてきたり。
スマホの翻訳アプリで、草本と見せられてびっくり。英語ではハーブと書いてある。
ハーブはハーブだなぁ。草本とは言わない。

自動販売機が1番有名です子どものホビーでは。
→自転車が子供たちに1番人気があります。

英語を推測しながら聞くことはあるが、
日本語の推測もなかなか疲れる。

メルマガ登録してね

毎朝7時に届きます。登録はこちらから