ノリコ学級 ウズベキスタンでタシケントからコーカンドまで鉄道に乗ってみた 【58歳355日世界一周旅行】

リシタンにある日本語学校、ノリコ学級へ行った。友人の友人の大学生→タシケント国立東洋大学の先生→ノリコ学級の校長先生。縁は繋がる。

朝6時ホテルに迎えにきてもらう。
大阪からの6人を別のホテルへ迎えに行く。
みんなでタシケント南駅へ。

特急が出るのはタシケント北駅。
国内ローカル線はタシケント南駅から。

パスポートとチケットのチェック。
荷物のX線検査は特急と同じ。

ホームでしばらく待って乗車。

私だけエコノミー。
緊急参加なので自分でチケットを買った。
先日のサマルカンド旅行時に、ガイドさんに手伝ってもらい買った。

座席も広く快適。
天井のテレビが大音量。

車内販売のパンをかってみた。
なかなか美味。中は玉ねぎ、じゃがいも、肉?
サムサだね。

平地から山岳地帯へ。
牛や馬を多く見かける。

トイレが大変だった。
鍵がかかっている。
どうするんだろう?
近くの人に聞いてみた。

鉄道のスタッフを呼んでくれた。
「NO! After tunnel.」

トンネルを過ぎるまでダメなんだ⁈
しばらくして長いトンネルに入った。

トンネルを出たのでまたトイレへ。

今度はまもなく駅だからダメ。

駅を過ぎたら鍵を持ってきた。

中はいたって普通。トイレットペーパーもある。床の小さな穴から下の線路が見える。

近くの席の人にThank you!
可愛い笑顔が帰ってきた。

親切は、した方も嬉しいよね。

飽きることなく4時間過ごすと、コーカンド駅へ到着。
この駅からノリコ学級のあるリシタンまではタクシーで1時間。

メルマガ登録してね

毎朝7時に届きます。登録はこちらから