スイスのお城ホテルのディナーで舞い上がった日の食事 【58歳の挑戦、350日世界一周旅行】

朝はティラーノのホテルのモーニングビュッフェ。

窓から駅舎が見える。

お昼はホテルの部屋で非常食を食べた。

食品が減っているのやら増えているのやら

ケーブルカーで絶景を楽しんだ後ホテルのロビーでひと休み。

アフタヌーンティのサービスは危険だろう。

食べちゃうじゃない。

夜は、四つ星ホテルのディナー。

レストランに行くと色とりどりの前菜が並んでいる。

訳分からず私もお皿を持って並んだ。

ほんとは、まず席を案内されメニューを見て、それから並ぶのね。

訳分からず前菜をやたら食べお腹いっぱいになる。

お寿司の美味しいこと、ガリも美味しい。

後ろに並んでいたご夫婦は10年東京に住んでいたとか。

こんにちは、ありがとうで盛り上がる

満腹になりメイン料理が入らないので、断った。なんて恥ずかしい。

デザートは別腹。

明日は落ち着いてコース料理を食べようっと。

オーナーさんが各テーブルを回り全員に声をかけていた。素晴らしい。

部屋のグレードアップのお礼を言った。笑顔が優しい。

このホテルは常連さんが多いのだろう。彼女の魅力だろう。

お城ホテルに泊まり、幸せいっぱい胸いっぱい、お腹いっぱいの一日でした!

メルマガ登録してね

毎朝7時に届きます。登録はこちらから