フィンランド、ロヴァニエミでオーロラを見た。2日目【58歳350日世界一周旅行】20180918

オーロラって何?以下科学なぜなぜ110番 より引用

北極南極など高緯度(こういど)のところでられる現象です。このオーロラをこすもとになるのは、太陽からの「太陽(たいようふう)」というものです。
太陽というのは、太陽表面でときどきこるきな爆発(ばくはつ)のとき、太陽から飛び出してくる電子陽子(ようし)というものが、まるでのように地球におしよせてくることをいいます。この太陽が、北極南極上空酸素(さんそ)や窒素(ちっそ)などの原子刺激(しげき)してします。これがオーロラなのです。

科学なぞなぞ110番

モイモイ号を3日予約した。
3回も行けば1回ぐらい見られるだろうと。
9月17日のモイモイ号の今シーズン初日から友達がストックホルムにくるまでの最大の3日。

毎日見ることがで来るなんてほんと幸せ。

今日は朝から晴れ渡っていた。
雲ひとつない晴天。
絶好のオーロラ日和?
でもないらしい。
ガイドさん曰く、今日はオーロラが弱い。

満点の星に感激しつつ、白いモヤモヤとしたオーロラや薄い緑のカーテンになった幅の広いオーロラも楽しめた。

目の前で、急に現れたり消えたりする不思議な光。自然ってすごいなあ。

今日のオーロラは薄くてiPhoneでも写らず、
デジカメの人の画面をパチリ。

湖に映ったところまできれいに撮れている。
すごい。

ホットジュースもお菓子もソーセージも楽しみました。

メルマガ登録してね

毎朝7時に届きます。登録はこちらから