【58歳350日世界一周旅行】20190212スペイン、バルセロナ。映画COLD WAR

カテドラルの近くの小さな映画館。
道を間違えてたまたま見つけた。ラッキー。

スペイン語かなぁと思っていたら、
ヨーロッパシネマの文字が。うわぁ英語だわ。

週によって値段がちがう。
水曜日が1番安い。ラッキー。

今日中にもう一つ映画を見ることができるらしい、なんて素敵なチケット。

残念なことに英語ではない。
作られた国のそのままが流れ、字幕がカタラン語。ポーリッシュってポーランド語だわね。

4.5ユーロ=約560円だし。
It’s OK,I will try!

あらすじはネットで予習済み。

スペイン語は英語に近い言葉もあれば

全然違う言葉もある

ポスターには15:45とあり、
チケットには15:50とあり、
チケット売り場の人が会場に入ったのが15:50、開場は15:52
エンドロールが流れているのは何?
前の映画のエンドロールが流れる中、次の映画のお客さんを入れるのね。

映画が始まったのが15:55
白黒の美しさ、
ポーランドの民族音楽の美しさ。
音楽の切なさ、
男と女のことは世界共通。
言葉がわからなくても喧嘩しているのか愛し合っているのかは分かる。
いい映画は何語で見ても良いわ。

これは日本語で流れ、字幕がスペイン語なんだろうね。

?の文章の頭にも?のひっくり返ったのがつく。
カタルーニャの言葉、カタラン語?

昨夜ホテルで見たテレビではドラえもんをスペイン語でやっていた。ジャイアンがスペイン語を喋るとイケメンに見えてくるのが不思議だっあ。

隣は、カメハメショップ

【58歳350日世界一周旅行】20190212スペイン、バルセロナ。La Plassohlaのホテルランチお勧め

コインランドリーで話した大学生お勧め、
ネットでも評判良い五つ星ホテルのレストランのお得なランチ。

土曜日に行ってしまい、ランチはありませんと言われ出てきたことがある。

再びトライ。

入り口でランチ19.5、月曜から金曜としっかり確認してから入った。

明るい店内、お店の人も感じ良い。

ランチメニューはカタルーニャ語、スペイン語、英語で書かれている。

前菜、メイン、デザートから1つずつ選ぶ。

前菜はサーモンとマンゴーのタルタル

お皿を下げる時にどうでしたか?と聞かれたので素晴らしいですと伝えた。
生のサーモンと完熟マンゴーが素晴らしい味になっていた。感激。

メインはお魚

美しく美味しい。ランチでこんな本格的なお料理をいただけるとは嬉しい。

デザートは森のなんとか、、、
お店の人にこのデザーはなんですかと聞くとチョコレートケーキですって言ってたが。

まわりのカシスのソースが美味しかった。
白いドームもチョコアイスもひと味違う。

飲み物は水を頼んだら、19.5ユーロだったので水は含まれているのね。

これで19.5ユーロ=約2500円は素晴らしい。
このホテルの2階のレストランはミシュランの一つ星らしい。

身も心も大満足のランチでした!

住所 Via Laietana, 49, 08003 Barcelona, Spain

営業時間 12:00から夜中まで
ランチは月曜から金曜までの12:00から

【58歳350日世界一周旅行】20190213スペイン、バルセロナ。グエル公園無料再び

せっかくサグラダ・ファミリアの近くに泊まったので、近くのグエル公園にも行きたい。もちろん8時半までに入って無料で楽しむ。

泊まっていたユースホステル が8時半から朝食ということもあり、すっかりリズムが朝遅いモード。

8時に到着予定が、
バスだと8:34到着予定。
うわっやばい。
バスだと急がせるわけにはいかないが、
徒歩35分は走れば25分以内でつくかも。

走った、スロージョギング?坂道が続く。
公園が近づくと後ろからカップルがダッシュしてきた。間に合う?一緒に必死に走った。

チケット確認のお兄さんが笑っている。
8:29!
トゥエンティナイン!セーフ!汗かいて座り込む。朝から大笑い。

朝日が海から上がる瞬間の写真は今回も撮れず。

お客さんが増えている。特に日本の大学生。卒業旅行に人気なんだろう。美しいものにいっぱい触れてほしい。常識にとらわれず新しい挑戦をした先人の思いに触れてほしいな。

【58歳350日世界一周旅行】20190211スペイン、バルセロナ。世界遺産、サンパウ病院

美しい、プリティな病院。
今こそ使われていないがしっかり現役だった。
世界遺産。

サン・パウ病院 – Wikipedia
以下wikipediaより引用

1997年、カタルーニャ音楽堂とともにバルセロナのカタルーニャ音楽堂とサン・パウ病院としてユネスコの世界遺産に登録された。この病院では2009年まで診療がおこなわれていたが、老朽化のために閉鎖された。

設計はカタルーニャ音楽堂と同じく建築家リュイス・ドメネク・イ・ムンタネーが手がけている

こんな病院なら入院してもいいかな。
美しい。

今日は無料ですと案内された、ラッキー。

“【58歳350日世界一周旅行】20190211スペイン、バルセロナ。世界遺産、サンパウ病院” の続きを読む

【58歳350日世界一周旅行】20190211スペイン、バルセロナ。空が青い月曜日

写真はバルセロナ凱旋門近くの建物

夜中に目が覚めた、すごいいびき!
まして私のすぐ上。参ったなぁ。
3時過ぎにやっと静かになった。熟睡したのかな?今のうちにって無理だわ。
そのうちまた始まった。
4時に起きてしまおうかと思ったが、二度寝。
起きたら10時!びっくり。
慌てて無料ブレックファーストを食べた。

クレジットカードが使えなくなり困った。日本のクレジットカード会社に電話した。どうやらスキミングの被害にあったようだ。再発行。カードは全部で4枚持ってきているので、別のカードを使うしかない。カナダの友人宅へ送ってもらえることになり一安心。友達は財産、ありがたい。

ケータイもおかしい。どうやら最初の契約の分を使い切ったようだ。近くのオレンジでタップアップ(入金)。お店の機械ですぐできた、簡単。

ポストオフィスを探し、絵葉書をだした。

どんどん解決。

街歩きへ。
青空が気持ち良い。
日差しが強い。

2万歩超えると分かるようになってきた。
腰にくる。

街中に面白い建物がいっぱい。
バルセロナは面白い。
自由な発想をよしとする地域性が、
ガウディやピカソやミロやダリを生んだ。

街灯に蛇がいる

夕飯は、ご飯に日本のレトルトカレー。

生ハムはスーパーで1番安いもの。3ユーロ。

恐る恐る部屋を見たらみーんなチェックアウト、誰もいない。貸切⁈
中国の可愛い子2人がチェックイン。
今夜は熟睡できそう。

インプットばかりでアウトプットが間に合わない。明日は移動、一泊だけの贅沢。

今日のお財布♡
切手×2=3ユーロ
Orang topup 10
スーパー3.3
ユースホステル 12.5
合計30ユーロ=約3800円◎

【58歳350日世界一周旅行】20190210スペイン、バルセロナ。のんびりな日曜日

朝起きたら6ベットのうち3つに男子が寝ていた。びっくり!まぁミックスドミトリーですからね。着替えはシャワールームで。

日曜はレストランやスーパーもほとんど休み。
昨日買い込んだ。

朝食はユースホステル のフリーブレックファーストを。
オレンジは自分の。

ユースホステル のリビングの机で黙々と作業をした。宿の予約や飛行機の予約など。
結局バルセロナには20日滞在。スペイン1ヶ月の3分の2をバルセロナですごす。来てみないと分からないね。最近はみっちり決めないことが多い。訪れてみて決めようみたいな。

ランチにはご飯を炊いた。
このユースホステル にはライスクッカーがある。ロンドンのエアビーでアパートを借りた時にもあった。アパートの持ち主がタイの方だったのでご飯を炊くためだろう。メモリ通り水を入れスイッチを入れれば炊ける。ここのも同じ。炊き上がる香りが良いね。ご飯ってこんなに甘かった?

スイッチを押してもクックの赤いランプがつかない!

後ろに電源スイッチがあった

赤いクックのランプから、
上の青い温めのランプに変わった。
炊き上がったかな?

いいじゃない!

飲み物は日本茶のティバック。
もぐもぐ食べましたとさ。

今日のお財布♡
ユースホステル 12.5ユーロ=約1560円

【58歳350日世界一周旅行】20190209スペイン、バルセロナ。今日のサグラダ・ファミリア

北イタリア在住の友達が友達家族を連れ、バルセロナにサグラダファミリアを見にきた。合流させてもらった。ご縁に感謝。

変な人とか面白いとか、テレビに出ればいいのにとかいっぱい褒められ照れた。

サグラダ・ファミリアの近くに泊まると夜景が見れるね。早速ホテルを予約した。

今日の発見
外尾さんの本を読んでなるほどと思った排水の仕組み

蛇だったり、ワニだったり、トカゲだったり、
面白い。
見るたびに発見がある。

動物の雨樋なんて楽しいね。

【58歳350日世界一周旅行】20198208スペイン、バルセロナ。ミックスドミトリーな生活が始まった日

朝食は、日本人オーナーのペンションで最後の食事を。りんごとパンとエスプレッソを。ここはほんと良かった。

2度目のサグラダファミリアの予約が9:15なので、急いで荷造りをし宿を出た。その割には荷造りの様子を動画を撮った。荷物を詰める人も撮る人も兼ねていたのでうまく撮れなかった。

次の格安ユースホステル に赤いリュックを預け、サグラダファミリアへ。

教会の中のベンチに座り、日本人彫刻家外尾さんの本を読む。「ガウディの伝言」
サグラダファミリアのここの部分でと出てきたら、顔を上げぐるりと見回すと本物がある。ああっこれね、このことね。と確認してまた本を読む。

教会のステンドグラスの柔らかい光に包まれて、教会に建設に関わっている日本人の本を読む。

なんて至福のときだろう。

でも、お腹はすく(笑)
行きたいお店にはグーグルマップで印をつけている。サグラダファミリアからユースホステル までの道にある日本料理店にてランチ。

サバの味噌煮だよ、サバの味噌煮!
まさかスペインでサバの味噌煮が食べられるとは。

ユースホステル へ戻りチェックイン。
予約はミックスドミトリーだから覚悟をしていた。どんな男子と同室でもしょうがない。

美術館巡り、アーチケットの最後の1館にいき、カタルーニャ広場のデパートの地下でお惣菜を買いユースホステル へ。

夜になり部屋の人が続々と帰ってきた。
新しい人もチェックイン。
なんと6ベッド全て女性だった。
こんなこともあるのね。
ホッとした。

枕元のUSBポートが助かる

サグラダファミリアは行くたびに発見がある。
地下の博物館で年代別の作品を見るとまだ訪れていないところがいっぱい。

バルセロナに、まだまだ滞在しようと決めた。

今日のお財布♡
地下鉄1回券2.2
サグラダファミリア入場料25
ランチ10.8
デパ地下5.6+3.7
ユースホステル 12.5=約1540円
合計約60ユーロ=約7500円◎