【58歳350日世界一周旅行】20190207スペイン、モンセラート修道院

グエル教会からさらにカタルーニャ鉄道に乗り、モンセラートへ。

モンセラート – Wikipedia

モンセラートは、スペインカタルーニャ州のバルセロナ近郊にある山である。カタルーニャ語の発音ではムンサラートまたはムンサラーのようになる。アーサー王の聖杯伝説に登場するベネディクト会のサンタ・マリア・モンセラート修道院付属大聖堂がある。キリスト教の聖地とされている。 ウィキペディアより引用

モンセラットは、スペイン国内で「巡礼路」として世界中に有名なサンティアゴ・コンポステーラと並ぶ2大聖地と言われ、また奇岩が有名なパワースポットとしても知られている。


Guel駅でなくMoli nou-Ciutat cooperative 駅だとR5のカタルーニャ鉄道が止まる。経路はグーグルマップの言う通りで。

駅前も駅中も食べるところなし、売店もなし。

1時間に1本のケーブルカーにちょうど接続する良い列車に乗れた。どうやらR5に連絡してるのね

カタルーニャ鉄道素敵。

ケータイを充電させてもらった

ついたホームを進むと連絡している

バルセロナから連絡している。

ついたらいきなりこの景色

ガウディはモンセラートのとんがり岩からサグラダファミリアの着想を得たらしい。

ショートカットして

階段を登り修道院前の広場へでた

モンセラート修道院

山の上の修道院と思えない立派さ、豪華さに驚く。

奇岩の山の上の聖地
黒いマリア像で知られている

20人ほどの列が進まない。
皆さん黒いマリア像の球を撫でて祈っていた。

中は撮影禁止

帰りは券売機でチケットを買った

まず英語にする

もっと上までプリクラあり

メルマガ登録してね

毎朝7時に届きます。登録はこちらから