ウィンストン・チャーチル

水曜はレディースディで1100円で鑑賞できる。ユナイテッドシネマなかまにて。

第二次世界大戦において、ダンケルクがターニングポイントだったのだなと気づいた。

あの時、イギリスが和平交渉を受け入れていたら確実に歴史は変わったのだろう。

チャーチルの演説に、大英帝国のプライドを感じた。

メイクアップ&ヘアスタイリングとして辻一弘さんの名前が大きくエンドロールに出ていた。
同じ日本人として誇らしく嬉しい。


作品紹介

★第75回ゴールデングローブ賞 ドラマ部門 主演男優賞(ゲイリー・オールドマン)受賞 !
★第90回アカデミー賞® 主演男優賞(ゲイリー・オールドマン)、メイクアップ&ヘアスタイリング賞(辻一弘)の2部門受賞!

第二次世界大戦が始まった翌年の1940年春、イギリスでは挙国一致内閣が生まれる際、辞任に追い込まれたチェンバレンの代わりに、チャーチルが新首相に選ばれる。しかしその前途は多難で、その就任早々ドイツ軍が雪崩を打ってベルギー、そしてフランスに侵攻し、連合軍はあっという間にダンケルクの海岸に追い詰められていく。一方で、党内ではドイツと和平交渉を求める勢力も強く、チャーチルは孤立無援の状態で、国難に立ち向かわなければならなかった。

メルマガ登録してね

毎朝7時に届きます。登録はこちらから