【58歳350日世界一周旅行】20181116イギリス、ロンドン。出国。

ガドヴィック空港9:50発
Norwegian ニューヨーク行き。

ネットで安くとったが、ネットでチェックインは出来ないから空港でチェックインするようにメールが来た。

朝が早いので念のために前泊して、下見済み。
カウンターは3時間前に開くとメールにあった。

6:50カウンターオープン

ヒルトンの朝食は5:30から。
さすが空港にあるホテル。

5:30に起きて6時から朝食食べて7時には空港着。

早めに来て良かった。
トイレを探したり、最後のコインの買い物をしたり、自分が気がついていない不備などなど時間がかかった。
余裕、スラック大事。

イギリスは入国審査が厳しい。
出国の荷物検査も厳しい。
あれっ出国審査がない!

液体物を荷物検査前のカウンターで詰め替えている人多し。袋がもらえるから?

1つのケースに荷物を山積みしていたら、
iPad は別のケースに入れてと言われる。

X線を通ったあとベルトコンベアーが自動で2つの道に別れる。

あれっ私の荷物が入ったケースは透明壁の向こうにあって取れない。要検査ということ。

毎度引っかかる、またホカロンかな?病院でもらった薬かな?

このケースはだれ?
「It’s mine」手を挙げ大きな声で返事した。

小さな機械で読み取ってから、係の人が
「2つに分けてもう一度流すから待ってて」

じーっとX線の機械やベルトコンベアーを見てると今度ははじかれずにまっすぐ流れてきた。

1つのケースに入れすぎたってこと?

初めてホカロンを聞かれなかった。

最後の最後の小銭は寄付ボックスへ
ユニセフが見当たらなかったのでこれに。

格安飛行機、LCCで8時間の空の旅。
大丈夫かなぁ。ドキドキ。
1番安い運賃だと座席指定ができないので、
8時間窓側は嫌だなぁと思い、高い方の運賃にした。

座席指定ができ、荷物が一つ追加できて、
食事も頼める。

赤い小さなリュックはかなりの重さになっている。10キロは超えていると思う。

空港でドキドキするのも嫌なのでお金で解決って言っても格安運賃だけど。

さて、そろそろ出発!
Good bye,England!

メルマガ登録してね

毎朝7時に届きます。登録はこちらから